2016年9月25日日曜日

会津旅行記(仮)

タイピング環境がよくないので
備忘録的に旅の記録を保存しておきます。



朝8時。浅草から東武鬼怒川線特急スペーシアにて出発


ほうほう。


2時間後。
会津鉄道鬼怒川線に乗り換え。

乗り換え時間は2分しかないけど
ホームの反対口なので乗り換えは容易。

自由席なので椅子取りゲーム。
道理でみんな降車の支度が早いと思った。

車内は結構いい雰囲気。

ただし、3両編成のすべての仕様が違う。


車窓から見える景色は目の保養になる。


先頭車両はなんと、運転手さんよりもいい眺め。
気づくのが遅れた事が悔やまれる。


このまま会津若松まで行けるんだけど、
今日はお座敷トロッコ列車が運行する日だった。



しかし、HPを読んでも肝心の乗り方が分からなかった。



車掌さんに聞いてみたら、
「会津田島で1時間半待つとトロッコ列車が来る」
「展望列車特別料金310円を払えば乗れる」
と判明。

会津田島で一旦下車。
乗車券を持っていれば改札を出ても再入場させてくれる。

駅舎はおみやげ物やさんとレストランが。


地元の農家さんが野菜を卸していて、地元のおばあちゃんたちも
買い物に来ていた。


お土産品はご当地食が非常に強くて嬉しい。

土産物屋にありがちな「これどこでも売ってるじゃん」
みたいな商品は非常に少ない!

「会津にはこんな特産品もあったのか」とわかり、
迷うのも楽しかった。


「会津は高田梅というブランドがある」と
お客様から教えていただいていたので購入。

疲れた体にちょうどいい味。

レストランでソースカツ丼を発見。
是非頂かなくては。



うほほ・・テラテラしておる。

ソース漬けなのにカリッとした食感。
ソースは濃い目。キャベツとご飯の量を考慮しての事と思われる。

うまい。

米は南会津産を使用とのこと。

トマトラーメンというのも気になった。
南会津はトマトも特産品として売り出しているらしい。



観光地の土産物屋や食事処というと、価格の割に
色々がっかり・・という事が結構あるけど、会津田島は違った。

しっかりおいしい。そしてご当地をしっかりアピールしてくれています。
観光客としてはとても嬉しい。

また、土産物屋のお姉さんもレストランのお兄さんも非常に
明るくて真面目に仕事をしておられたのも印象的。

是非また寄らせていただきたい。
  

にしんに棒だら。

道中で荷物を重くするわけにはいかないので我慢。
申し訳なし。



ゆっくり土産物を物色して、ソースカツ丼食って
一息ついたら列車が到着。色々とちょうどいい。

お待ちかねトロッコ列車。

窓がない。
山の間を縫うように走るので景色はとてもいい。

9月の風は適度に涼しく心地よい。
良い時期に来たのかもしれない。


トンネルに入るとサプライズが。

車内に張られていたポスターや謎のシールが光りだした!

さらに、トンネルの壁面をスクリーンにしてアニメーションを上映。

たいして長くないトンネル内でさえ楽しませることを忘れぬ
サービス精神に嬉しくなった。素晴らしい。

絶景ポイント3ヶ所では数分停止して眺めをじっくり楽しませてくれる。
ガイドさんの解説も聞けます。

(出発時からアナウンスはしてくれてたんだけど、
ディーゼルエンジンがうるさすぎて全く聞き取れない(´ω`))




眺望を楽しんでいると、あっという間に到着



中身は群馬あたりの駅舎と同じ雰囲気だけど、
この外観はいいですね!これを見たかった。

そして、市内周遊バスで鶴ヶ城へ。

うつくしい。

2年の連載を経て想いが増していたのか、
実物を見たら泣きそうになりました。


この石垣、この天守をみあげると、
「会津に来た!」
と実感しますね。


乗り換えのしかたが分からないという不安がありましたが、
旅の一日目はトラブルもなく順調でした。

4 件のコメント:

  1. 会津鉄道経由でいい思い出がつくれましたね。引き続き会津旅行楽しんでいってください。

    返信削除
    返信
    1. はい。(*´ω`*)
      非常に満足度の高い旅になりました。

      また仕事頑張ろう、と言う気になりました。

      削除
  2. 実際に見てみるのと写真で見るのとでは全然違うのでしょうけど、
    こんな立派な城に「あの照姫様と竹子さん」が住んでいたのか……

    八重さんたちはこの城のどこを歩いて、そしてどこで守りたいもの帳を広げたのか……
    写真を見るだけでなんだか感慨深いですね。
    想像が捗りますww

    返信削除
    返信
    1. 天守はシンボルタワーみたいなもんですから、ここに殿や姫が住まっていた訳ではないんですよ。

      天守の近くにある本丸御殿、奥御殿がお住いでした。


      こうして再建されたお城や現代の会津の人たちの姿を見ると、
      戦で敗れたとしても彼らが守りたいものは確かに守り通されたと感じることが出来ます。

      それが会津の魅力の一つだと思います。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...