2016年9月26日月曜日

会津旅行記二日目(仮)

田季野さんで食事ができた。

楽しい体験は数あれど、
「会津に来てよかった!」と、もっとも強く感じるのは
やはりこの瞬間。


 二日目。
撮った写真の量が多すぎて、パソコンがないと整理できないので
かいつまんで仮レポートです。

会津まつり一番のイベント。
藩公行列。

昨日の疲れが取れず寝過ごすというミスはあったものの、
なんとか最初から最後まで見られた。

お昼ごはん。
喜多方ラーメン。

会津観光してるという実感がわく。
本当は喜多方まで行った方がいいんでしょうけど。

あかべこ最中を揚げた
あげべこ。

揚げ最中とは珍妙なり。

注文すると、賞品棚からひとつ最中を厨房にもって行き、
揚げたてを提供してくれる。

もはや「べこ」の原形なし。

お店のおかみさんが愛嬌あってとてもいい。
明日もいく。



田季野さんのおしながき。

会津料理の定番が勢揃い。
全部食べられないのが本当に残念。

料理が非常に美味しかったから是非
お酒がいただきたいと思ったけど財布を見たら
食事代でギりだった。無念。

ホテルの近くの食堂。

列車の中で孤独のグルメ見たせいで
こういうお店にも入ってみたい気分になる。

胃袋が足りない。

田季野さんの「欲張りセット」。
わっぱめしとそば、付け合わせ、お吸い物。

あったかでふわふわで上品な味と薫り。
「しあわせ」「おいしい」以外の表現が出来ない。


これが噂のネギそばか・・

箸の代わりにねぎでそばをたぐり、一緒にかじる。
悪ふざけかと思う見た目に反して、

一瞬魂抜かれた気分になるほど美味い。

今こうして写真見ながら文章打っていても
この味が恋しくなる。

歯磨きしても鼻の奥に残っている香りが
食べているときの幸福感を甦えらせてくれる。



一口食べたときからタブレット弄るのをやめた。
ただ目の前の壁を見ながら、味に集中していた。
このときばかりは目なんか要らないと思った。


ダシがすごく上品で、「雑味が全く無い、澄みきっている」とは
こういうことなのかと実感した。


そしてそばの味、ねぎの香りが
口の中で互いに引き立て合って、一瞬極楽浄土が見える。


また、この存在感をアピールしている削り節が驚くほど美味い。

「ベーコン」といっては大袈裟かもしれないが
噛むと味が染み出してきて出汁にアクセントをつけてくれる。


死ぬ前にこれが食べられたなら満足して逝けると思う。

・・うーん。
心底そう思ったけど、もっといい誉め言葉を探したいな。

4 件のコメント:

  1. お疲れ様です。
    田季野行ったんですね。あそこは県外の人を連れて郷土料理食べさせるにはまず外れることがない
    地元でもおすすめのお店ですからよかったです。

    ラーメンはどこのお店だろうかなぁ? 喜多方ラーメン系のお店結構ありますけど、大外れはあまりないとは思いますが。

    もう帰られたかもしれませんが、もしまだ会津にいるならばぜひ駅前の岩瀬書店にお立ち寄りください。
    八重ちゃんコーナーありますよ。

    ていおさんの会津旅行が楽しいものであってくれると地元民としてうれしいです。

    返信削除
    返信
    1. ラーメンは大笑家さんでした。
      田季野さんは複数人数で行けば色んな料理が試せたのですけどね・・・

      でも、一人だからこそじっくり、うっとり味わうことが出来たわけですし。
      食事中は誰にも話しかけられたくないと思いましたし、
      一長一短と言うところでしょうか。

      岩瀬書店さまは・・・気になってはいたのですが
      照れくさかったのと、時間の余裕もなかったですので遠慮しました。

      削除
  2. 大内宿にも行ったんですか?一度行って食べてみたいんですよねネギを箸代わりにして薬味として食べる・・
    良い旅でしたねぇ

    返信削除
    返信
    1. 大内宿は行けませんでした。
      今の季節は気候もちょうどいいと思ったのですが・・
      しんごろうももう一度食べたかったです。

      次は行きたいと思います。(`・ω・´)
      良い旅でした!

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 11/12 池袋...