2016年10月9日日曜日

魔法つかいプリキュア! 第36話「みらいとモフルン、ときどきチクルン!って誰!?」

脚本=山下憲一
演出・絵コンテ=座古明史
作画監督=河野宏之
美術=田中美紀 
文字数1963 
いいみらモフ回だった(´Д`* )

毎週どうしても視聴前には警戒感を持ってしまうのですが、
上手い演出は開始直後にそれを解いてくれるものですね!

※【追記情報】
演出家さんの話に「政木伸一さんも2度目にはいい仕事をしている」
を加筆しました。

キャラクターがイキイキしてて、
どんな物語が始まるのか分かりやすくて

表情豊かで(´Д`* )





ギャグもたのしい。

魔法要素の使い方もうまいですねー!(*゚∀゚*)


この時点で私は「今週は大丈夫だ!」とかなりワクワクもんになってました。(´∀`*)


似たキャラクターのせいか、
ここんとこ活躍のチャンスをはーちゃんに食われがちだったみらいですが、
今回は魅力をしっかり発揮してくれてましたね!

今回のみらいはカッコよかった!
ちゃんと主人公してた。



゚・*:.:♪*・゜゚物語・♯*:.。. :*・゜

今回はみらモフ回。

みらいとモフルンの仲良しの根っこを見せてくれるお話でした。

豊富な枚数で二人の絆の歴史を見せてくれました。
映画のテーマの前フリとしてもよかったですね。


モフルンが花畑の写真を見てたのはこういうことだったんですねぇ。


「二人大切な場所を守る!」それは
二人の大切な想いを守る、と言うことでした。


プリキュアの戦う理由としても非常に良かったですよね!


「敵」「プリキュアの戦い」が物語に絡んでいて

しかも見ごたえのあるアクションが見られて。

ちゃんと「パワーはそんなにないけど華麗に空飛ぶ」という特徴を活かした
アクションを考えられているあたりは流石!って感じでしたね。



座古さんといえばネガティブな意味で13話が印象的だったんですが、

今回はあの時に語ったような不満点が無いです。


脚本家さんも同じ方だったのですが、随分と印象が違いますね。
作り手が同じでここまで印象が違うと言うことは、13話と今回では
環境か意識が変わったのでしょうか?



【追記】

26話で(私から見て)「らしくない」仕事を見せていた村上貴之さんも

33話で挽回していましたね。

村上さんも座古さんも私個人の印象としては
「アイディア豊富でスベリ知らずの名演出家」
だっただけにとても意外に思ったものですが、

どちらも2度目には本来の上手さを取り戻して見せてくれていました。
ということは、そこには偶然じゃない事情があるんじゃないかな・・と
思ってしまうのです。


13話も26話も、定められた筋書きを守ろうとする意識から
キャラクターを自由に動かすことが出来なかったことが

面白さが発揮できなかった要因だと私は見ています。


改善した理由も多分そこに関連しているんじゃないかな・・・。


全くの想像ですし、当たってるなんて言える自信は無いですが。


※  ※  ※

不満といえば唯一。今回の演出ではなく構成について。

このエピソードは
もっと序盤に配置すべきだったんじゃないかな。

と言うところですね。(゚ω゚)

これを10話くらいにやってくれてたら今のみらい&モフルンや
これまでの物語の印象も大分違ったんじゃないかな・・



・・前々から思っていたのですが、まほプリは
「2クールでやる内容を1年に引き伸ばして作ってる」
のかな?と感じます。良し悪しの話ではなくて。

そう考えるとここまでの進行はだいぶん腑に落ちる気がします。


【追記2】

政木伸一さんも「2度目」にいい仕事を見せてましたね。(私個人の価値観による判断ですが)

5話
▲「よかった」といいながらかなり不満点を並べてますね・・(`・ω・´;)

12話
▲心の底から賛辞を送ってます。


一度目にアレな仕事を見せてしまった演出家さんが
2度目にしっかり挽回する、というのは・・・
これが3例目となるとやはり「何か事情がありそう」と考えてしまいますね。


そもそもが私の価値基準を前提にしているので
この思考は基礎からしてグラグラなのですが。



゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜


くまモン出んのか。なるほどーうまいなぁ。 

・・いや、クマ系のゆるキャラ全部集めたのか?


でもくまモンしか知らないや。


ん~、映画面白そうじゃん。(´ω`*)

モフルンが益々売れそうな雰囲気ですね。

ポッと出のチクルンでしたが、
今回の序盤であっさりなじみましたね。

それはひとえにこの表情の豊かさ・キャラの分かりやすさ
にあったんじゃないかと思います。

これよかったなぁ・・(´Д`* )

敵の手に落ちてもちょっとかわいさが出てしまうmfrnさん。
マスコットとしてかなり優秀ですね!

怖がらせて従わせる敵と

自分を守ってくれるプリキュア。

この対比もしっかり分かりやすく描いてくれていたのが
印象的でした。

これモフルン燃えるんじゃ。((((;゚Д゚)))



!!!!!!!!!!!


まさかの!


まさかの!

こんなOA近い日でこんなニッチなアイディアがかぶるなんてすごいなぁ。

演出家さん同士趣味が合うのか、似たようなヒントを見ていたのか。
そうだとしてもすごい偶然(´Д`* )


これで伝わると思ったモフルンもなかなかすごいですが。

これで分かったみらいもすごい。


こういう、二人でなければ分からないある種の「暗号」
がまた二人の絆の深さを演出してくれているんですねぇ。


ギャグに見せかけてなかなかシリアス。



冷凍みかん押すなぁ・・・



すごいなぁこれ。

去年はちびキャラ短編の方は「何やってるかわからない」と言うお子さんの声が
少なからずあったようですので、そのへんをクリアするアイディアが見られるはず。


是非注目したいですね。




゚・*:.:♪*・゜゚告知・♯*:.。. :*・゜

現在保養地に居るので、ネタは描きましたが週刊ジャアクキングの更新が出来ません。
(ウチのPCからでないとダメなので)
(原稿は描けます。)

アイカツ・ラブライブ・プリキュアネタ合わせて毎日何かしら更新していますので
Pixivからチェックしてくださいませ。


それから、自分で描いて見て実感しましたが、
はーちゃんて本当に線の数が少ないですね!

そうでありながらここまで可愛いのですから、すごい
デザインだなぁ・・・・と思います。

11 件のコメント:

  1. そこそこ良い話でしたね。
    一桁話数でやっていれば、ですけど。
    ここのところ、上(or外部)からテコ入れされたのか、そういうのが大事だと気付いたのか、計算通りなのか
    こういう話に明らかにシフトしましたね。(それ以前の話からは目を逸らしつつ)
    来週も冷凍ミカン&おしくらまんじゅうですし。
    こんな暢気なエピソードに時間を割いて、残り3ヶ月強(十数話)、3眷属+1匹+ボスが健在なのに、
    まだ数体敵の存在を仄めかして、メインストーリーは畳めるんですかね。

    あとモフルンが誘拐されて「プリキュアに変身出来ない(かも)」
    モフルンが動かなくなった(かも)?という
    シリアスかつドラマとして抑えておくべき感動エピソードは映画に譲るんだ。
    (オルーバも勉強してたはずなのに、あっさり返すし)
    まほプリはドコに向かおうとしているのだろう?

    返信削除
  2. 今回はかなり楽しめました。
    ちゃんとプリキュアがプリキュアとしてなにを守って戦うか。
    敵が敵としてなにを狙いプリキュアと対立し物語を引き出すかがキッチリ描かれていて非常によかったです。
    ただ惜しむらくはみらモフの絆が結局回想交えた言葉で終わってしまったことですね…。
    ここをもっと丁寧に言葉以上のものに仕上げて描いてくれていれば、今回の話もっと良くなったと思います。
    ですがこれはここまでの流れ全部に対して言えることなので、今回だけでどうこうできるものでもないのですが…。
    あと前々からもっとやってくれていればで言えば、オルーバとチクルンの関係ももっと序盤から綿密にやってくれていれば
    今回のチクルンの今後を匂わせる感じもさらに魅力的になったと思います。
    不満はありますが今回だけでどうこうできることでもなかったですし
    今回は今回でちゃんとできることを最大限やってくれたと思うので良かったと思います。

    ところでオルーバとチクルンはどうもこれまでの敵と動かし方が違うような気がしますね。
    ある程度の掘り下げがなされ、しっかり物語に絡んでいて
    今までの「やられ役」でしかなかった敵たちとはどうにも気色が違うような…。
    「子供は興味ないから敵の事情は描かない」と言ってたはずなのに一体何があったんでしょうね。

    返信削除
  3. 今回は良かったです。
    表情が豊かで楽しいし、サファイアの空中戦も見ごたえがありました。
    チクルンも非常にわかりやすくキャラを立ててきて、なんというか古き良き子供番組って感じがして好印象でした。

    ただ皆さんが言われているとおり全体の構成! ですよね。
    プリキュアは全49話が基本ですから、36話ともなるとだいたい残り1クール。
    もう全体の4分の3が終わるタイミングです。
    と考えると、面白くなりそうな新キャラの投入とか、敵幹部はまだまだいるという情報とか、
    それ自体は悪くない展開でも「え? 今になってそれやるの?」という不安が出てきてしまいます。

    みらいとモフルンの関係性についてもてぃおさんに同感です。
    もっと早い時期から、何話かに分けてあれを積み重ねてきていたらなあ…と思ってしまいます。
    「そういう設定だ」というのが語られてはきたけれど、描かれてはこなかったという感じですかね。

    返信削除
    返信
    1. >「そういう設定だ」というのが語られてはきたけれど、描かれてはこなかったという感じですかね。

      百聞は一見に如かず、と言う言葉はこういうときにも当てはまるのだな・・と思いました。

      削除
    2. 図体は大人、精神年齢は子供2016年10月10日 0:11

      みらモフの関係性ですが、少し気になって一部見返してみると、
      全然描かれてない、わけじゃないんですよね。
      例えば11話モフルン初登校回や、24話リフォーム回。
      でもちっっっとも印象に残ってないんですよね。
      ていお氏の追記による指摘の通り、「事情」があるんだろうと思います。

      まったくの個人的な想像ですが、
      比較対象として、前作を挙げてみます。
      こちらはキャラの造形が早い内に強固に「かなり出来上がって」いて、
      脚本におけるキャラの言動には「縛り」があり、前後の繋がりもチェックが入り
      窮屈な面もあったやに思われます。
      一方で、それ以外に関しては「30分を気にせず、もっとアイデアを」要求されてたのでは?と思います。
      演出には「楽しいを詰め込め、アドリブ上等、でも破綻はするな」
      作画は大変だったでしょうけど、みんな「やりがい」はあったと思います。

      一方、今作は脚本家同士の打ち合わせが無いのか、比較的自由というか、かみ合わない話があったり。
      演出は禁則事項という「縛り」に
      足りない食材で、どう料理に見せるか、と四苦八苦しているように見受けられました。
      作画も「総作画監督「が付いたり外れたりと一貫性が無く、安定性に欠けます。
      要は構成とSDが「本来の仕事(各調整)」を出来ていなかった、ということだと思います。

      ところで少し気になったことがあるので書かせて頂きます。
      今回みらいは生まれた時からモフルンと一緒、とありました。
      回想シーンでみらモフはベッタリでしたが、両親との距離が少し気になりました。
      みらいが初めて魔法界に(数日間?)行った時も、その後「作法」の学校だったと聞き違えた、ありますが
      婆ちゃんの口添えがあったとはいえ、常識的に納得出来る言い訳ではありません。
      もともと母はみらいの「鉄砲玉」気質に手を焼くというか、諦め気味に見えますし、
      父も「心配していた」と口では言ってましたが、それも随分後になってからです。
      リコも寮生活とはいえ、姉にはコンプレックスが強く、父は外を飛び回り、母は姿も見せない。
      ことはは、朝御飯を与えてもらえず暴走したり、
      敵に宝石を奪われ泣いていても棒立ちでフォロー無しだったり、
      塩クッキーを顔色一つ変えず食べたり、その後家出したり。
      3人とも家庭環境に問題を抱えているように見えるんですよね。
      作者は意図して描いてるとは思いたくないのですが、視聴者には見えてしまう。
      特にメインターゲットの子供さんや親御さんは敏感で、
      はっきり気付かなくても生理的に遠ざけようとすると思うんですよね。
      時代も時代です(社会問題にもなってる)し、かなりマズいんじやないですかね。

      削除
  4. サジタリアス船長2016年10月9日 23:27

    今回は超良かったです。

    みらいが自分を大切にしてくれたと語ったモフルンの回想で、みらいだけでなく両親もモフルンを大切にしていたのが良かったです。みらいとモフルンだけの物語では今までと同じになってしまいますし、家族同然の存在という設定にも一層深みが増しました。

    また、みらいがお花畑に行こうとしたときにモフルンが棚から落下し、それを見てみらいがモフルンと一緒に行くことにした展開が素晴らしかったです。
    当然、あの時のモフルンは話したり動いたりはできませんが、あれは間違いなく「みらいと一緒に行きたい」という強い想いが現れた結果であり、その気持ちをみらいは理解しました。
    あれこそ、みらいがモフルンを大切にしていた何よりの証拠で、後に文字のない手紙でモフルンの行き先がわかったのも納得です。感動しました。

    ただ、敵の目的がよくわからなかったのが個人的には不満です。
    モフルンをあっさり返したと思ったら、連れて帰るに切り替わったのが唐突な印象で、じゃあ何で返したんだろうと疑問が沸いてしまいました。
    まあ、モフルンを調べることだけが目的ではないですし、ドラマパートが濃厚だったしわ寄せとして仕方がなかったとも思います。しかし、箒を加速させる魔法を使ったモフルン奪還が未遂に終わったにもかかわらず簡単に返されたので、せっかく魔法で表現された言葉にならないみらいの怒りを途切れさせるような感じになってしまったのが惜しかったです。

    そんな不満もありますが、今回は本当に感動しました。実に素晴らしかったです。
    次回はまたまた冷凍みかんの様です。冷凍みかんの製造工程も見られそうですし、何故魔法界に行ったのかも含めて楽しみです。

    返信削除
  5. お話としては、良くできたお話でしたし、とても楽しめました。
    子供達も表情豊かなチクルンの描写に楽しんでいるようでしたし
    戦闘パートも色々な工夫が見られて良かったと思います。

    やはり、ていお様や皆様が述べられている事と通じるものですが
    「早い段階で、このお話を出されていたら、もっと高い評価ができたんだろうな」と感じました。

    モフルンの扱いは難しいですよね。
    モフルンがプリキュアにとって重要なキャラクターであり、弱点でもあるわけですが
    かといって、完全に切り離してしまうと変身できなくなるので
    お話そのものが成り立たなくなってしまう。せいぜい話数またぎくらいが関の山。
    前作の『キーを取られちゃった』くらいの間しか持たせられない。
    だから、一旦プリキュア達にモフルンを返すしかなかったのでしょうね。

    でも、オルーバは『敵を知ることで戦う』知性的な敵として描写をしているので
    モフルンがプリキュアにとって(本当の意味で)非常に重要な役目を果たしている
    という事に気付かないままで見過ごされてしまったまま終わっては
    「何のために出てきたの?」となりかねませんし・・・うむむ。

    >・・いや、クマ系のゆるキャラ全部集めたのか?
    どうもそうらしいですよ。

    返信削除
  6. >ここんとこ活躍のチャンスをはーちゃんに食われがちだったみらいですが、
    >今回は魅力をしっかり発揮してくれてましたね!

    ですよね!!
    みらいはモフルンと一緒にいる時が一番輝いています。
    そこがはーちゃんとの一番の違いでしょうね。
    今までは、キャラが似ているせいでどうもはーちゃんに食われがちでしたが、
    終盤に向けて少しずつ挽回していってほしいです。

    本当、ここ最近かなり良い回が続いてますよね。
    このままいい流れで終盤を迎えてほしいです。


    あと、オルーバは妙に爽やかなキャラしてますけど、
    それだけに不気味さもあってかなり気に入ってます。
    知的な敵さんが好きな私にとってオルーバは、
    過去のカワリーノさんやジョーカーさんに次いで注目している敵です。

    今作はキャラデザインだけは歴代でもトップ3に入ると思います。

    返信削除
  7. シンプルに良かったですね。
    演出で引き込み、対称的に見せて、プリキュアが戦う理由を用意する。チクルンのキャラクター性を立たせながら、みらいとモフルンの過去を掘り下げる。
    純粋に楽しめました。

    オルーバの動きについて、疑問がある方もいるようですが、私は特に思いませんでした。
    私の解釈ですが、最初に返したのは「プリキュアに対してどのような働きをするのか」を確かめる為じゃないかなと。チクルンの報告ではそこが不明ですからね。
    次に連れて帰ろうとしたのは「ぬいぐるみでありながら何故そこまでの知性を持つに至ったのか」だと思います。知性、というと少し違うかもしれませんが、意識が無い筈の頃の記憶も感情もはっきりしていてその頃の記憶を理由に自分と対峙してみせる、というのはチクルンが言っていたように「いくら魔法でも」と思わせる程のものなのだと。
    最後誘拐しようとしないのは、プリキュアとの関係性はある程度観察できたから、でしょう。まぁドンヨクバールはやられましたし、お約束的にそれ以上は無し、というのもあるかもしれませんが。

    まぁしかし、やはり掘り下げるの遅すぎますよね……
    私の妄想ですが、「事情」による縛りがあった頃やりたいけどできなかった(初期にやるべき)内容を「事情」が変わったことで回収できるようになった……のかな、と。妄想ですが。

    返信削除
    返信
    1. 言い忘れてましたが、オルーバさん、かなり好きなタイプの敵キャラなので今後ともヨイショしていきたいです(笑)

      削除
    2. サジタリアス船長2016年10月11日 16:18

      Naria様

      ご意見ありがとうございます。
      疑問が解決、というより安心しました。

      モフルンとプリキュアの関係性を確認するために返したんだろうなと思ってはいましたが、自信がなくて不安だったんです。自分の考えが屁理屈だったとわかって安心です。

      私もオルーバは気に入りました。
      今後も知的な悪さを見せてほしいところです。

      私も言い忘れていましたが、今になって過去話をやったことに関しては、個人的には疑問に思いませんでした。
      私は序盤はキャラ同士の関係を確認する程度に留め、それを下地に掘り下げながら後半を盛り上げる展開が好きです。そのため、今回をみらモフの集大成と捉え、むしろ遅かったおかげでこんなに盛り上がったと解釈しました。
      逆に前半に今回の様な話があったら、後半に感動話があってもワンパターン化したように感じて飽きてしまったと思います。

      しかし、言われてみれば、確かに前半にやろうと思えばできた内容なので、何で前半にやらなかったんだろうとは思いました。
      最初から狙ってたのならいいんですが、路線変更だったら残念ですね。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 ○ 11/12 ...