2016年11月19日土曜日

ラブライブ!#3「ファーストライブ」+サンシャイン語り追加

文字数2235
おおおおおおおおおおおおおおお(*゚∀゚*)

▲鑑賞中、鑑賞後の私がまさにこんな感じでしたわ!
色々上手だったなぁ・・・!


このレビューシリーズは、

「サンシャイン」からラブライブにハマッた者が
「初代」をいわば「エピソード・ゼロ」として見て、語っていくものです。


本当に、みんな元気でたのしいですねー(´∀`*)

海未ちゃんはあざとすぎます。ずるいですよ・・・

花陽ちゃんがかなり気になりますね・・


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

「物語」は照れ屋の海未ちゃんの心情変化。


「筋書き」はμ'sのファーストライブ。


どっちも見ごたえがありましたねー!(`・ω・´)



μ'sのファーストライブがガラ空きということは千歌にネタバレ食らってた私ですが。

肝心なのはそこじゃありません。


そこから穂乃果たちがどうしたかですよ!!



いいですね~
「あんなに頑張ってきたのに」という感情を絵で伝えてくれるのが。

そして勇気をくれたのが内気な子、というのがまたいいですねー

「やろう!そのために今日まで頑張ってきたんだから!」


あれだけ宣伝して観客「ゼロ」とは極端な・・と思わないことも無いですが、
ゼロの方が花陽ちゃんの存在感が引き立つし

そのために「他の部活が手ごわくて新入生を取られた」あるいは「時間が悪かった」
と感じさせてくれる絵も入れてくれてたし。


無理やり電源落としてヘコませるみたいな強引な手段よりよほど
自然でよかったじゃないですか・・

(毎日見てるけど毎日腑に落ちないです。d(´∀`*))


フルコーラスとは。

その間にいろんなキャラクターの
リアクションが見られえてよかったですね・・

このシーンに限らず、 
今回は特に「絵で心を語る」カットが多かった気がします。









どれも、言葉を使うよりもよほど強くキャラクターの心を
感じることが出来て、「今後が楽しみ」に感じました。




これは・・・そうか。



ダイヤさんのコレは伝統行事だったのか・・・



続けます!

なぜ?これ以上続けても意味があるとは思えないけど

やりたいからです!
今、私、もっと歌いたい、踊りたいって思ってます
やってよかったって本気で思えたんです


今はこの気持ちを信じたい
このままだれも見向きもされないかもしれない。
応援なんかぜんぜんもらえないかもしれない。

でも、一生懸命頑張って、私たちがとにかく頑張って届けたい!
今、私たちがここに居る、この思いを!



いつか、私たち必ず、ここを満員にして見せます!


いいですねー(´∀`*)

1話からここまで、
穂乃果の本気度が加速度的に高まっていっている様子がよくわかります。




゚・*:.:♪*・゜゚海未ちゃん祭り・♯*:.。. :*・゜

海未ちゃんがずるいのでまとめておきましょう。





「では一枚二枚といわず全部持っていってください。」

ほら。本当にずるい子だ

梨子ちゃんがスカート丈に突っ込んでたのも伝統だったんですね。


スカートは膝下まででないと履かない?

またまたご冗談を。(´∀`*)

制服のまま踊る?
変わらないじゃないですかー(´∀`*)


あーずるい。あーあざとい。


なんでしょうね。そういう衣装なのに、
ジャージを下ろすという行為が非常にエッロく感じられるのは。


ついついμ'sの初ライブのほうに意識が向いてしまいますが、
この海未ちゃんを説得するシーンもかなり好きですね


よ・・・よけなかった!!(*゚∀゚*)


「みんなでここまで頑張ってきたんだもん、絶対成功させたい!」
という思いと、それに応える海未ちゃん。


それがこっちにも繋がる。



゚・*:.:♪*・゜゚真姫ちゃん・♯*:.。. :*・゜

わざわざ神社まで様子を見に来ておきながら
「作曲したのは私じゃない!」とは。



おお、ツンデレとる。



完全に穂乃果に捕まりに来てますね。


ファーストライブはメンバー全員が見に来ていたわけですが、
これまたAqoursと同じですね。


はてさて、これからどのように9人チームになっていくのか。
非常に興味深くなってきました。



゚・*:.:♪*・゜゚サンシャイン語り・追加・♯*:.。. :*・゜


アニメをTVで流しつつ、ヘッドホンでAqoursの曲を聴きながら
仕事をすると、非常にはかどります。


私個人の音楽の好みとしてはリズミカルで早い曲がすきなのですが、
ことAqoursに関しては

「未熟DREAMER」が特に好きですね・・



もちろん他の曲も好きなんですが、
未熟DREAMERには「ドラマの力」が上乗せされていますから。


何十回も見てるのに、昨日もまた泣きましたからね。ここで。

他は我慢できるようになったんですが、ここだけは
どうしてもこらえられないですわ・・(`;ω;')

未熟DREAMERの歌詞は、鞠莉達が1年生の時点では未完成でした。

歌詞を書いている途中で「やめる」と言い出して
それっきりだったはずですから。



・・その割には歌詞は「今の鞠莉たち」を歌った内容になっていますが・・
そこは書き直したんでしょうね。




※  ※  ※

キャラクターはみんなそれぞれ魅力的で甲乙などつけがたいのですが

しいて一人挙げるなら

私はダイヤさんが特に好きです。


気が強そうに見えて、鞠莉や果南に遠慮して本音を隠すあたりは
確かにルビィのお姉ちゃんですよね。

そして、その遠慮をせずにまたアイドル活動が出来るようになってからの
ルビィと一緒に無邪気にはしゃぐ様子がたまりません。



1年の回想シーンで果南が鞠莉に抱きついて誘う場面、
回想が終わって音がフェードアウトするところで
「私も仲間に入れてくださーい!」といってるところがお気に入り。


▲あ、これもいいですねー

鞠莉と果南の間でオロオロするところ。



※  ※  ※
サンシャイン語りも、気づいた事があったら
この機会に書いて行きます。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。毎回楽しみに感想拝見しております。

    待ちに待った初代ラブライブ。
    感想を見る前にもう一度見返しているのですが、待ちきれなくて、次の話数も先に見てしまいます(笑)。

    3話は全話の中でも一番見返す回数が多くて、しかも何度もじわっときてしまう回です。

    お客さんがいなくて暗くシーンと静まりかえる中、寂しく音を鳴らすピアノのBGM。
    この最初の一音でまずウルッときて。

    それからの「あんなに頑張ったのに」と言わんばかりの穂乃果の回想で鼻ツーン。

    グッと涙をこらえて笑顔を作るも、やっぱりくじけそうになって表情が歪む瞬間にウルッ…

    極めつけはそこからの花陽ちゃん登場でブワーッ!!!ってなりますね。

    何度も見てもそこはやっぱり涙を誘います。



    実は放送当時はそこまで入り込んでいなかったので、流し見程度でした。

    しかも録画がきちんと出来ていなくて話数が飛んでたりしたこともあり、途中でなげちゃったのです。

    でもやっぱりどこか気になっていて、再放送をキッカケにちゃんと見てみると……

    もう録画が消せません。


    流し見で見ていた時でも3話はやっぱり気になるキッカケの一つでもありました。
    そこがあったからこそ、一度は見るのをやめてしまったけれどもう一度見てみたいと思えたのかもしれません。


    好きなキャラは沢山いて迷っちゃいますが、3話の花陽ちゃんはまさしく天使です。

    返信削除
    返信
    1. これからメンバーになっていく子達が少しずつμ'sにかかわっていくところが自然でいいですねー

      流し見程度だった人に心のひっかかりを作れたのもやはり
      キャラクターの丁寧な扱い方、舞台設計の緻密さなどにあるのだと思います。

      花陽ちゃんの存在感の出し方も上手かったですよねー

      アイドルやりそうになさそうなだけに、どうやって加入するのか気になります。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 10/01 大田区産業プラザ ドッキドキ☆ライブ ( スーパーヒロインタイム ) アイ02 ...