2016年12月24日土曜日

ラブライブ!#7「エリーチカ」

文字数2343

「物語」と言えるものが無かったのに、
なんですかこの引きの強さと満足感は!



書きながら答えを探して行きましょう。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

今回のお話は「筋書き」が2ライン。

穂乃果たちはラブライブに向けてのお勉強コント

海未ちゃんは生徒会長さんの「意地悪の秘密」を知る。





そんな、シャレが通じないガチキャラとの絡みで重くなりがちな空気を

コントで中和!

ここまで意地悪し続けてきた えりち のその理由が明かされたのに、
ひたすら楽しいかったですねー(*´ω`*)


えりち もまた学校を救いたいと思っていたその理由も、


μ'sを目の敵にしていた理由も分かりやすく、
納得出来るものでした。




またその説明が、

▲このシーン一つだけで殆ど済ませてしまえる
演出センスの高さも素晴らしいです!


▲学校を守りたい理由もこれだけで
伝わっちゃう!(*゚∀゚*)



※  ※  ※


拒絶状態の生徒会長さんのキャラをどうやって説明するのか?
分かり合っていくためのきっかけすらなさそうなのに、
どうするんだろう?

なんて思っていましたが・・・

なるほど。そのために妹さんを用意したんですね。
しかもμ'sのファンの。


海未ちゃんは、現時点ではえりちがサシでも唯一相手をしてくれそうな
キャラですよね。




で、話を聞いたら次は希さんが補足を。

にこ先輩といい、真姫ちゃんといい、本当にこのお方は
裏回しが上手いというか、物事をスムーズに運ぶ潤滑剤のような
活躍をしますね。


希さんに「潤滑剤」とか言うと妙に卑猥
思えてしまいますが。




そうして徐々にμ'sに関わってきた希さんは、部員でもないのに
いつの間にかすっかりメンバーっぽくなってしまいましたね。


゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

・・結局今回は「えりちの素性を知って怯んだものの、ダンスを教わりたいと思った」
「それにはまず、マジな覚悟を見せること=勉強を頑張る」ということで、

二つの筋書きは最後に一つになったわけですが・・・




・・・物語(=心情変化)と言えるほどのものはなかったですね・・・





しかしなぜだ!
なぜ「物足りなさ」が全くないのか!


楽しい絵の数々と!

ようやく明かされた生徒会長の真意!


本音で話し合った海未ちゃんの姿!


・・・これで見ごたえも満足度も十分作れるということなのか・・


プリパラ・アイカツでもキャラ遊び全開に少し筋書き入れるだけで
十分楽しいと思えるものは沢山ありましたが、

今回もその類ということで納得するほかなさそうです。


それにしても、ここまで物足りなさを感じないのは初めてな気がします。
覚えておこう・・・



「物語」がなくとも、これだけ言葉が出てくること自体、
見所の多さと満足度を証明しているようなものですけどね。



゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

しかしえりち はカッコイイですね。

これまではただの「なぜか意地悪な生徒会長」としか
思えなかったですが、

AーRISEさえも「遊んでるようにしか見えない」
言い切っちゃう。

それだけの実力者。

それが分かると、全く印象が変わりましたね!

全国一位のスクールアイドルを一笑に付すなんて
カッコイイじゃないですかー(´∀`*)

つまりアレですね。
真姫ちゃんを更に硬派にした感じの子って事ですね。


えりちは真姫ちゃんほど簡単に(?)攻略出来なさそう。
いったいどうやって彼女の心を変えるのか、
楽しみですねー!



そんな人に「ダンスを教わりたい」と向かっていく
海未ちゃんもカッコよかったです。(´∀`*)


゚・*:.:♪*・゜゚楽しい絵の数々・♯*:.。. :*・゜

今回も徹底してみんな元気でしたねー(´∀`*)

「ラブライブがいかなるものか」というシーンの説明くささが、
花陽ちゃんの楽しさで完全に消されています。


チョップ。
しかしどうも、イチャついているようにみえる。



じっと黙って立ち話、なんてやらないんですね。(´∀`*)

まーたにこ先輩がヨハネ的にあしらわれている。・゚・(ノ∀;)
どっちが一年生か分からん。

これまた言葉が不要な・・・


あら。(*゚∀゚*)


そうだったのかー




九九が言えないとか。

ギャグを分かりやすくするにしても・・すごいなー・・
そこまで・・・



よく入学できましたね。

 あ、そーか定員を下回っているということはつまり;y=ー(゚д゚)・∵. ターン

教科書逆さは基本ですね。

うーむ。


男が考えている女子高の日常ってかんじ。
(故に素晴らしい。)

時間帯と視聴者層に合わせたコントもやってきますね。


それにしても今回は希さん大活躍ですね・・・

表現はソフトですが。
やってることはかなりハード。

こ・・公共の場所でもか・・・


そうか・・・


鞠莉ぃさんは伝統を守ろうと
していただけやったんやな。

下心なんか一切なかったんやろうな!


この表情が限界でしょうな。
これ以上行くと番組の趣旨が変わっちゃう。




・・・希さんのは誰が掴むんですかね。(゚ω゚)



※  ※  ※

あらやだ。キャプ絵これで終わりか。
今回の感想を乳モミで〆たくないわー




あ、そうだ。

今回は「ランキングが上昇している」という要素もありましたね。

前回さり気なく「練習は真面目にやってる」「実力が付いている」
という要素を見せてきていましたが、話の最後に入れたPVを口実にまた

ステップアップを演出してるんですねぇ。


穂乃果が「やりたい!」と言ってからたった7話でここまで
無理なく描いちゃうテンポのよさ!

その秘訣はこういうところにあるに違いありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 冬コミ 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...