2017年1月14日土曜日

雑談:洋菓子と物語

ファーストインプレッションで書き忘れてましたが、
▲この絵いいですよねー(´∀`*)


「見た目だけで言うなら全然好みじゃない」と書きましたが、
このカットは全員可愛いじゃないですかー!

やっぱり立ち絵一枚だけじゃ判断なんか出来ませんわね。



奥にいるやさしそうなお兄さんはナッツ的な人かと一瞬思いましたが
ああ、この人か・・

※  ※  ※

もうひとつ。
当時は「まあ、触れなくてもいいか」なんて思ってしまったのですが、
よく考えたら

「スイーツ監修」なんてものを付けるってのは
それだけマジで作りこもうとしているという意気込みの現われですよね。


監修・福田淳子さん。
軽く検索かけてみただけでも、ものすごい数の書籍が見つかりました。

タイトルをざっと見てみたところ「洋菓子の基礎知識」に関するものが多いようです。



ここから推測できるのは、

「物語に洋菓子が持つ魅力、エピソードを絡めようとしている」

「番組を見て興味を持った親子が一緒にお菓子作りに
挑戦できることを目指す⇒そのために、番組とレシピをリンクさせる目論見」

というところじゃないでしょうか。



というのも、
洋菓子には今や定番と呼ばれるメニューにも、作った人たちのエピソードや願いが
込められているものがけっこうあるからです。

それを知れば、そこを手がかりにドラマを構築していく・
あるいは作りたいドラマにふさわしい題材を福田さんに相談することも出来るでしょう。



タルトタタン、ピュイダムール、オテロ、オペラ、ザッハトルテ(これは訴訟関連ですが)

・・というか、そういうアニメ・ドラマがありましたね。

やろうとしているのはそういう類の仕掛けなんじゃないかな、と・・
いや、自分だったらそうするな、と思いました。




お菓子は見た目、味わい、ラッピング等を使うことで

「人が想いを込める様子の描きやすさ」
「見た目でそれが誰の目にも分かりやすいこと」
「それを受け取った人のリアクション」

といった人の感情を描きやすい題材だと思います。


作者の発想力次第ではワクワクするものから感動的なものまで
どんな希望にもこたえてくれるものじゃないかと思います。


※私の業界歴はたった2年ですが、専門学校では超真面目に勉強したので
知識だけはそこそこあります。

「お菓子」が持つ魅力を知っているだけに、
来期の私は大喜びするか、大荒れになるかの二択になる気がします。


ちょっとドキドキしてきました。(゚∀゚)

15 件のコメント:

  1. スイーツ×アニマルってあざといなぁなんて思いましたが私は買わないからピンとこなかったけどアニマルのデコレーションを施したスイーツはごく一般的なんですよね
    子供向けに作られたお菓子から着想を得た次の作品はスイーツ監修をつけるほど題材を活かそうという心意気を感じます
    正直まほプリで卒業しようかな…なんて思っていましたが前情報だけで結構ワクワクが刺激されてて…
    春映画の3DCGも気になるし卒業は無理そうですw

    返信削除
    返信
    1. >アニマルのデコレーションを施したスイーツはごく一般的なんですよね

      アンテナ張ってない私でさえ、ここ数年見かけるようになった気がします。
      昔からあることはありましたが、可愛さは洗練されている気がします。

      ・・私も去年の監督構成クオリティが今年も続くようならさすがに心折れると思います。

      ドキドキしてしまうのはそういう事情もあります。

      もちろん、それでも子供たちが喜んでいる事実があるのなら
      こちらも笑って卒業しますが。

      削除
  2. ハウリング2017年1月14日 20:17

    お菓子を扱うアニメで真っ先に思い浮かぶのは「も~っと!」ですね。
    シュークリームの課題ではお菓子作りだけでなく接客についても触れていました。

    今作も単にお菓子ありきの話じゃなくて、それを通じて喧嘩したり、仲直りしたり。
    感情を大きく、仲を深めていくような作品になるといいなと思います。

    あと、「クリームエネルギー」を使ったバトルは正直楽しみです。
    手書きでいくのか、それともCGでぐりぐり動かすのか。
    一応バトルであるため、もちろん敵も妨害するわけで、その方法も色々考えられます。

    敵に相殺されて飛び散ったクリームがプリキュアにかかったとしても
    何も問題はないはず…!

    返信削除
    返信
    1. >お菓子を扱うアニメで真っ先に思い浮かぶのは「も~っと!」ですね。

      ですね。
      あれもお菓子作りを物語に上手に組み込んでましたよね。


      >飛び散ったクリームがプリキュアにかかったとしても

      天才いたわ。
      真面目な私には逆立ち下って出ない発想!

      削除
    2. >>飛び散ったクリームがプリキュアにかかったとしても

      >天才いたわ。
      >真面目な私には逆立ち下って出ない発想!
      なお、「も~っと!おジャ魔女どれみ」では「歯磨き粉(という名の謎の白い液体)をぶっかけられる幼稚園の先生」という描写があった模様

      天才は公式にもいたようです

      削除
    3. ああ・・なんとなくそんなシーンもあったような。


      ふむ。その頃私は漫画も碌に描かないただのフリーターでしたからね。

      今ほとんど覚えていないということは、当時は
      そういうところに反応する脳みそは全く養われてなかったということなんでしょう。

      削除
  3. スイーツ監修に専門家を据えたのは、
    今作が食に関して結構雑な表現があったことへの反省もあるのかな?と。

    ただ1つ心配なのがバトルに使用するという「クリームエネルギー」なるものの正体。
    「食べ物を粗末に扱うな!」と言われない描写である、と信じたい。
    (いくら後で美味しく頂きました、と言っても通用しないと思うので)

    ビジュアルや声については正式稼働するまでは控えます。
    (キャラの魅力は見た目や声ではなく、「描かれ方と積み重ねで印象が変わる」ことをこの2年で学んだので)
    プロなので大丈夫でしょうが・・・と言いたいのですが、
    せめて1話を観るまでは安心できません。(今作のトラウマが重症で)

    返信削除
    返信
    1. >今作が食に関して結構雑な表現があったことへの反省もあるのかな?と。

      食、というよりも魔法というテーマそのものの定義を
      しっかり定めなかったことに対する反省ではないかと思います。

      恐らくは・・いや、作者が「王道」を行く気があるならば
      「スイーツとはどういうものだ」という定義を第一話からしっかり見せてくるはずです。

      削除
  4. 実はスイーツがテーマと聞いた時から
    「ていおさんはどう思ってるんだろう?」って少し気になっていました。

    やはり楽しみにされているようで。
    作者さんたちのこだわりに期待します!!

    >監修・福田淳子さん。
    >軽く検索かけてみただけでも、ものすごい数の書籍が見つかりました。

    私はここまで調べてませんでした。
    今年の作者さんたち、よほど本気のようですね……!!
    『Goプリ』の時にも、その道のプロのおかげで神曲が出来た例もありますし、
    正直、今年は期待していいんじゃないかな?と思っています。

    返信削除
    返信
    1. >今年の作者さんたち、よほど本気のようですね……!!

      作品内だけでなく、実際にお菓子のレシピを公表して
      現実とリンクさせようというのは恐らくはプロデューサーのアイディアじゃないかと思います。

      意気込みはこういうところからも感じられます。

      削除
  5. 世間では「アイ!マイ!まいん!」ばかり取り沙汰されておりますが、
    随伴妖精と共にスイーツを作るなら「夢色パティシエール」ではないかと

    返信削除
    返信
    1. そういうのもありましたね。

      姪っ子と一緒に見ていた、アニメに疎いはずの親戚のあんちゃんが
      「夢色パティシエールおもしろいぞ。あれは見るべき」と言ってました。

      結局見ませんでしたが、それだけ力のある作品だったんだなということは知っています。

      削除
  6. 私はスイーツ描写と言うと、プリパラ前身のプリリズレインボーライブのあんちゃんを思い出します。
    ↓プリパラのコーデにもなってますが、オータムドリームというケーキがすごく美味しそうで。
    http://livedoor.blogimg.jp/jojiani/imgs/8/4/844a1387.jpg

    スイーツという題材、親御さんにも嬉しいと思うんですよね。
    子供へのお土産に作中に出てきたスイーツを買って帰ると「あ! プリキュアが食べてたやつだ!」とお子さんが喜んでくれるわけです。
    そして一緒にスイーツを食べる。これは親子共に楽しいし美味しいと思いますし、プリキュアの思い出も一層強く刻まれます。

    いやほんと、良い題材だと思うので頑張って欲しいです。

    返信削除
    返信
    1. >「あ! プリキュアが食べてたやつだ!」とお子さんが喜んでくれるわけです。
      >そして一緒にスイーツを食べる。

      専門家を招いてレシピを公表する、なんて事をすると言うことは
      実際にそれを狙っていると見て良いと思います。

      (恐らくは)神木Pの仕掛け、当たったら面白くなりそうですよね。

      削除
  7. うちではさっそく影響が出ていますよ。
    公式HPに「ウサギショートケーキ」の動画レシピがありますよね。
    娘が「あれ作りたい!」と。

    ケーキなんぞ私に作れるわけがないので、とりあえずホットケーキを焼いてチョコペンでデコレーションしてみましたが
    チョコ色だけだと微妙なデキだったので、白とピンクも買ってきました。これで万全?

    幼児向け料理番組はまいんちゃんや後番組のクックルンも見ていましたが、自分から「作りたい」とは言わなかったんですよね。
    やはり「プリキュア」が絡んでいるとノリが違うんでしょうね。
    ま、ここは素直に製作者の思惑に乗っておくことにします(笑)

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...