2017年1月20日金曜日

アイカツスターズ! 第40話 「プリンセスダイヤを追え!!」

文字数584
うーん。
何がしたかったんだろ。


いや、分かるけど・・・
面白くなかったなぁ。(´・ω・`)キッパリ。

私が勝手にハジケまくったコントを期待したのが悪かったのかもしれませんが。


そうではなく、

「昭和テイストの刑事ドラマを四ツ星学園のアイドル達がやってること
自体の面白さを雰囲気で楽しむ回」

というのを私が受け入れられる性分だったなら、喜べたのかなぁ。


あこちゃんとラストにツバサ先輩の面白さは出ていてそこは
お世辞抜きに面白かったのですが

▲「よかった」と褒めたはずなのに
説教が超長いところとか。

多くは無かったけどあこちゃんのリアクションもよかった。

※  ※  ※

けど、
他のキャラは本当に「台本どおりしゃべるだけ」で、
らしさや面白さは全く見られませんでした。

あ、ここに一個ありましたね。

でも、一話丸まる物語が無い「遊ぶ回」だったのに、
21分の尺の間にキャラ演出が「数えられる程度」しかなかった
というのがどうにも不満です。



゚・*:.:♪*・゜゚画像でコメント・♯*:.。. :*・゜

あ、これはいいですね。

プリパラポリスならぬアイカツポリスですか。


いいですね。

かわいいですね。
結構挑発的な衣装だと思いますが。


くっ・・!(`・ω・´;)



いいですね。



そのナレーションから始まったら
それに関連する物語が始まると思うじゃん。
全然関係ないのね。

はずしたか!

・・じゃねえわ!なぜなんだ・・


ダイヤ。特徴=固いです。
ここのコネタは面白かった。

以上です。

※  ※  ※

この文字数ならツイッターでも済ませられますね。

今週はプリパラでカロリー使いすぎたからバランスとしてはちょうどよかったです。


今回の題材、自分だったらどう料理するだろう?
と考えるとかなりワクワクするので、そういう楽しみ方をするなら
視聴体験としては「楽しかった」という言い方も出来ます。

7 件のコメント:

  1. 悪くはないんでしょうけれどちょっと普通すぎた感はありますね。
    ドラマ回なんで期待が大きすぎたのもあるかもしれません。
    ゆりちゃん先輩の悪い顔が沢山見れたのは良かったです。

    返信削除
    返信
    1. 「料理手順」としては、土台となる筋書きがあって、そこにどんなアイディアをトッピングするかというのが
      コックの腕の見せ所であり、味の決め手になるはずだったんですが

      土台を作るだけで調理時間がほぼ終わってしまったって感じです。
      もったいなくてムズムズします。

      削除
  2. 昔の刑事ドラマとか二時間サスペンスのパロディにはなっているけど、アイカツメンバーを放り込んだらどうなるかに関しては、台本読みで終わっちゃてて、一番らしかったのがツバサのお小言なのが残念でした。真昼の瓦割りもどこか不発気味だったし。
    以前にあこちゃんが演技に関して悩んだり、ツバサ先輩にしごかれる話があれば広かったのかな?

    個人的には結構面白いかったな(アイカツ関係無い所だけど)
    ・ブラインドを下げるシーン、刑事ドラマお決まりのシーンを学園長がやる。やっぱりあんたか!
    ・八千草へ聞き込みしてる所、その門がいつものあの門だ。
    ・ついついご近所のトラブルに手を出して初日に遅刻する元交番勤務の新米刑事(定番過ぎだろ!)。
    (あ、ここですばるきゅんの追っかけして遅刻したりすればネタになるな)
    ・偽物の相手してる間にお宝頂戴、大抵の怪盗〇〇で一回やるな。
    ・流石にレオタードの三人組女盗賊には飽きた。(ゆめロラがボケかましてくれたらかなり受けたんだが)

    ひとつ思い付いた。左手で署名さして貼り紙が準備済だとばらすシーン、ゆり「女優なら左利き役の練習ぐらい当然です。」と綺麗な字で書いちゃうなんてどうだろう。

    まあ、箸休めと云うことでそっと仕舞おう。

    返信削除
  3. うーん、何だろう?(´・ω・`)
    見所は少なく、フラットな感情で見終えてしまいました。

    脚本は、33話「迷子のローラ!?」、28話「ハロウィン★マジック」
    21話「勝ちたいキモチ」、16話「ミラクル☆バトンタッチ」など
    とても良いお話を書いてくれた山口氏なんですけどね。
    ドラマ回はゲームに縛られる所があるから、身動きが取りづらかったのでしょうかね?

    コンテは13話の「リトルフェアリー物語」を描いた佐山さんなので
    (他の話の回は良いお話だったのですが)
    この方はドラマ回ではっちゃけた作りをするのが苦手なのかな?
    とにかく怪盗の3人、香澄姉妹、ゆずはほとんど空気でインパクトに欠けました。

    刑事ドラマはその話の中に物語があるから面白いのであって
    物語性を抜いて表面的な要素だけを延々とやってもねぇ。

    劇中劇だから、メインとなるツバサ、あこ、ゆりには、そこそこ真面目に刑事モノさせておいて
    他のキャラはどんどん遊べるチャンスだったと思ったのに、勿体無い。

    最初にひめが気絶する場面がチラッとありましたが、それをもっと誇張して
    「ちょっと何かあるとすぐ気絶してしまうひめお嬢様」とか

    ブラインドを下げて「おっ!ボスの定番シーンか?」と思わせておいて、実は内外逆で
    「ブラインド越しでしか部下と話さない諸星ボス」とか

    ローラ、ゆめ、リリイはアイドルとして呼ばれるのではなく
    芸人として呼ばれ、そこでひとコントやるとか

    それこそていお様が述べられているように
    >今回の題材、自分だったらどう料理するだろう?
    と考えさせてくれました。

    あ、被疑者のカツ丼をフツーに食べるあこは面白かった。

    あと、エンディングのスタッフロールを見ていて思ったのは
    ダブル作監や多くの第二原画はアイカツではそれほど珍しくはない
    (時にはトリプル作監もあるし)のですが
    そこに原画とは別に『作監協力』が7人付いている辺りに
    何となく今回の製作状況に余裕の無さがうかがえます。

    一つ擁護するとすれば、どうしても劇組キャラクターの扱いを一考する必要があるので
    ゲームにおける組システムの存在が、時にシナリオを作る際の枷になっているのかな?と。

    今まで、「各組のトップがS4」という仕組み以外は、組分けが機能しているとは言いがたく
    しかも、ゲーム上でさえ、組分け要素はゲーム性に影響を与えているとは言い難い。
    来週は組対抗のイベントらしいですから、ここらで組の存在意義を見たいものです。

    返信削除
  4. ハウリング2017年1月20日 23:37

    アイカツ(無印)の「ヴァンパイアミステリー」みたいなのが見たかったですね。
    あれは全キャラ弄り倒しているにも関わらず、
    それでいて個性をブレさせずに別の一面も見せてくれていた。(意外とノリノリな美月さんとか)

    せっかく役をやるんだから、
    「この役はこういうキャラだからこうする」ではなく
    「自分だったらこの役をこう表現する」にして欲しいですね。

    返信削除
  5. あれ?意外と評判悪いですね…。
    自分は結構、というかここ最近ではかなり好きな部類に入る回でした。
    懐かしい昭和の刑事ドラマっぽさもあったし、
    (あくまで劇中劇として範囲内ですが)しっかり推理などの整合性も取れていたので楽しかったですし、
    あこちゃんの可愛らしい一面やツバサっちとの絡みも見れて良い回だったと思います。
    まぁ面々の「らしさ」が出てたかどうかと言えばそこまで出てはいなかったと思いますが
    そこは今回の話をあくまで「アニメの1話」として見るか、「作中で放送されているドラマ」として見るかの違いかもしれませんね。
    僕は後者として見ていたので別にそのキャラらしさが前面に出ていなくても良いと思いました。
    なにしろ彼女たちは別人を演じているのですから。
    むしろあまり素のキャラ押される方が少し寒くも感じたり…。
    その素のキャラをドラマで出しすぎるというのもアイドルの演技っぽいのかもしれませんけど。
    まぁそこは人それぞれですかね。

    返信削除
  6.  私はけっこう楽しめました。
    不満として、あこちゃん以外の三人(ゆめ、ローラ、真昼)は自分の出演したドラマが気にならないのか、
    犯人の正体をあこ刑事やシャドウスターズは分かったのに、ツバサ刑事は分からなかった、
    というのはります。でも、それ以外は許容範囲でした。

     なんといっても、今回はあこちゃんが可愛かったですね。
    あと、各所のパロディは基本的には刑事モノですけど、シャドスターズのイメージ映像
    (掃除機で宝石を盗む、壁際をサーチライトに照らされながら走る)はルパン三世ですね。
    あれには笑ってしまいました。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...