2017年5月2日火曜日

アイドルタイムプリパラ #5「プニコンのマネージャー修行クマ!」

文字数1085【賛】
「作者がキャラクターをないがしろにしないという信頼感」を追記しました
いいですねぇ・・

内容が薄いのにしっかり満足出来ました。

「前作キャラをゲストに迎えてパパラジュクの発展とゆいたちの目標を後押しする」
という方針の中で今回は

「クマがプニコンにマネージャーの基本を教える」


・・・・・というだけの、きわめてシンプルな筋書きだったわけですが

メタ発言あり

相変わらず表情豊かでたのしいリアクションの連続



ウサギに妹がいることを羨ましがっていた、
と言う過去に引っ掛けて、もう一つ感情の引き出しを増やすアイディア。

頭に碁盤は・・シオンのネタ。

ただギャーギャー騒ぐだけでなく
ソフトなリアクションでバリエーションを増やし、
緩急を付ける気遣い。

これはこれは・・(´Д`* )

コロコロコミックにありそうなカット。


なつかしネタ。
初めての人には新鮮に、古参のファンには懐かしく楽しめる
いいアイディアですねー

クマさんの現実は世知辛いことになっていますが、それだけでなく



ちょっとした救いもくれてやるところは本当に
優しい「親達」だなぁ・・と思いますね。

クマさんの魅力とクマさんへの愛情たっぷりな1話でした。



・・そうか。簡素なのに満足感が高かったのは
「クマの面白さをしっかり発揮させてやろう」とする作者の
心意気が演出に現れていたからなのだと思います。


フザけた絵ばっかりなのに、本当にキャラクターに対して
真面目ですよね・・

そう言うところが本当に好きですし、
作者がそういう姿勢だからこそ、ああいうものすごい感動的な物語が
作れるんだろうなと思います。


・・あれ。ローラの感想文とはノリがエラい違いますね。
どっちかつうと逆の方がしっくりきそうな気がしないでもないのですが。

不思議なもんです。

メタネタって、実はあんまりやってないですよね。
オフザケが多いプリパラですが、これは珍しいパターンと言えるのではないでしょうか。

「線の数は大して変わらない」
「書き込みの丁寧さはそのときのノリによるでしょ」

と言うボケも含めて楽しかったです。

【クマさん好き】

冷静に考えてみてください。この見た目で「熊」と言われても
実は納得できないでしょう!

クマっていうのはこういうのですよ。


しかしそういうフザけた見た目であるが故に

存分に遊べるのだと思います。


そしてただのヨゴレ要員だと思っていたら大間違い!

ギャグではなくマジで、
「名マネージャー」としての器も持っている男なのです!



・・・それでいて、すぐに調子に乗って
名誉と威厳と尊敬を失う浅はかさ。

そう言うところも憎めなくて好きですね・・

「作者がキャラクターをないがしろにしない」という信頼感があるお陰で、
安心してキャラクターを好きになれるのもこの番組のいいところですね。

1 件のコメント:

  1.  ストーリーよりもキャラ描写が中心の、プリパラらしい回でした。
    過去にも似たことを書いたかもしれませんが、キャラが持つ欠点を
    「特長」として描くのが、本当に上手い。

     クマにはゲスなことをしてほしい、ドロシーには憎まれ口を叩いてほしい・・・。
    視聴者を不快な気持ちにさせるのではなく、逆にこういった期待を抱かせる。
    これはよほどバランス感覚が優れていないと、できないでしょうね。

     プニコンに関しては、がんばり屋で可愛いことは伝わりました。
    これはぬいぐるみがあったら売れそうだな・・・、と思っていたら、
    やはり商品化されているようですね。こういうところも抜け目ない。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...