2017年5月25日木曜日

アイドルタイムプリパラ #8「ライスをねらえ!」

文字数1268【賛】
なにかんがえてんだこいつ!((((;゚Д゚)))

他の番組の場合その限りではありませんが、
プリパラの作者に言う場合この言葉はだいたい褒め言葉になります。


すごいなぁ・・・

今回は「ニノちゃんのスカウト」を口実に
ニノちゃんのキャラ演出と脇役の顔見せをする回。

つまり筋書き・物語を描くだけなら極めて簡単。


あとはどんなアイディアでそれを描くかという事なんですが・・

「ふざけろ」と言われても私はこれを思いつける自信は全く無いな・・
と軽くショックを受けました。


これ、ただふざけているように見えますが
ちゃんと「ゆいの特技を使って居る」んです。

ただふざけるのと「キャラクターの特徴を出しつつふざける」のとでは
まったく意味が違うのです。






「ゆいらしさ」で一矢報いることで
ニノちゃんの心を動かす。という仕掛け。

それがこれ。


なんだこの絵は。

「おかえりおにぎり!」
食べ物を無駄にしないというフォローも
ギャグに変える隙のなさ。

これ誰考えてんのこれ。

詩子ちゃんの顔見せしなきゃ⇒マンホールごとぶっとばすのでいいじゃん

てなったのか・・?

まーたテニスでふざけたキャラを。

錦鯉の次はそうきましたか。



「スポーツでふざける」ということならテニスに限らなくても
よかったはずですが・・・・・

・・・まあ、人数的にも分かりやすさ的にも丁度いいのが
テニスなんでしょうね。

※  ※  ※

「ニノちゃんの運動神経についていく過程でギャグをやる」
と言うことなら私なりにネタを思いつく自信はないこともないな・・

と思いましたが
ここまでイカれつつ奔放に暴れまわるキャラクター演出は
常人には難しいと思いました。



しかも、恐らくはキャラで遊びすぎた反動だと思いますが

肝心のニノちゃんが2人を見直すという
物語の要の部分がコテコテの説明セリフ!


それは本来私の大嫌いなやり口なのですが、
なんだかそれもギャグの一部のような気がしてきて

「いいんじゃないかなべつに」

と思ってしまいました。




・・脳みそ麻痺させられたのかもしれませんね・・

そのあとにこんなに可愛いライブも
見られましたし。


今回の筋書きとしてはニノちゃん加入までやるのではなく
「らぁらとゆいの頑張る姿」の方がメインだったようですね。

すごいよなぁ・・なにがどうすごいと言えないのが歯がゆいですが
カメラワークと振り付け、
あとキャラクターを撮影する角度にこだわりを感じた気がしました。

・・・・ローラ派としてはあまり言いたくないのですが、
やはりアイカツとは比較にならないほどの技術の差を感じます。

アイカツも是非頑張って欲しいな・・


【画像でコメント】

おっとりキャラ・・

の演出の仕方も相変わらず普通じゃないですね。

「カップ麺持って歩いて転ぶ」
と言うだけの事なんですが・・・面白かったなぁ。

チア部のみなさんも積極的にアピールしてましたね・・

5人一気に覚えるのは大変そうですが、
この調子ならいつの間にか覚えてしまう気がしますっての。

「脇役のキャラ演出」の手本として非常に興味深いです。
勉強させていただきます。(`・ω・´)


今回、動画枚数がかなり少なかった印象があります。

▲これはそのしわ寄せの可能性もある?

が、それでもしっかり楽しかったし
キャラ演出としては不足どころかおなか一杯になりました。

やっぱり、こういうのは演出家さんの腕次第だよな
と改めて思いました。

7 件のコメント:

  1. >なにかんがえてんだこいつ!((((;゚Д゚)))
     今回の脚本家は、ミルキィホームズのシリーズ構成と同じ人ですねー。
    内容がイカれているのは当然ですねー。
    もちろん、演出家さんの方もイカれた仕事をしてくれましたけどねー。

     というわけで、イカれ具合が面白かったです。
    プリパラらしい異様な絵ヅラが多かったですね。

    >物語の要の部分がコテコテの説明セリフ!
    ここは私も「セリフだけですませるのか?」と思いました。
    今までさんざんブッ飛んでいたのに、ここだけ妙にあっさりと。
    嫌だと感じたわけではないですが、どうしたんだろうと疑問がわきました。

    >今回の筋書きとしてはニノちゃん加入までやるのではなく~
    私はてっきり今回でにのがデビューすると思ってたので、意外でした。
    前作ではこの話数で既にそふぃさんのライブシーンがあったので、
    展開がゆっくりに感じます。筐体の都合かな。

    返信削除
    返信
    1. >私はてっきり今回でにのがデビューすると思ってたので、意外でした。

      進行がずいぶんとゆっくりですよね。
      その分ゆとりを持ってキャラクターを遊ばせられていると思います。

      ギチギチに要求詰められてもなんとか出来ちゃう
      作者達ですから、この程度なら余裕なんじゃないかなと思っちゃいますね。

      削除
  2. 以前読んだアニメ誌で、脚本がふでやすさんという事が分かり
    嫌な予感(褒め言葉)がしたのですが、見事なまでのふでやすワールドでした。

    あまりに条理が無く奇抜さばかりが目立つ見せ方というのは
    正直、あまり肌には合わない(パロディは好きです)のですが
    ここまで作品にパワーを感じると、好みを超越して「すごい」と思ってしまいます。

    ライブパートは、プリパラでは珍しく、同じ振り付けでもコピーモーションにせず
    それぞれ個別にモーション付けがしてあった点と
    この曲についても、とても自然な動きをしていて驚きました。

    体を捻った(回転させた?)時に、体の厚みが不自然に薄い一瞬があるなど
    一部修正が不十分だったり、髪や衣装の揺れ物処理が簡素化されていたりと
    2人分作る苦労の跡も垣間見えましたが、動きの良さが全体的な印象を良く見せていました。

    スターズ!の方はそれはそれで、色々とプリパラには無い良い所もあるのですが
    いかんせんモーションが不自然に見えてしまう事が多く
    それが全ての印象に影響してしまうのが残念です。

    返信削除
    返信
    1. >一部修正が不十分だったり、髪や衣装の揺れ物処理が簡素化されていたりと

      (;´Д`A うーんぜんぜんわからないや。
      見える人は気づくのでしょうけど、逆に言うと品質が「そういう次元」だからこそ
      私みたいな素人は「なんかすげえ」と圧倒されるのでしょうね。

      削除
  3. あそこまでぶっ飛んだ事をしておいて初めての二人でライブという着地は新曲という一捻りも加えてしっかりきめる。うん、鮮やかだ。

    ライブシーンも綺麗(?)でした。
    (たぶんうちのTVが限界なのかノイズが入る)

    ニノを納得させる事は出来たけどプリパラよりスポーツが好きと言う彼女をどう振り向かすか。ニノが喜ぶライブをゆいらぁらは作れるか。(いやOPに出てるけどね)

    一応突っ込んでみる。
    テニスの試合あの二人に勝つなんでムリムリムリムリ
    (と、言って自分のジジイぶりが身にしみる)

    おっとりさんが窓から落ちて舞い上がったゴミにタップリラーメンの容器が!窓枠にはさっきのラーメンがちゃんとあるから彼女が落ちたのはこれが初めてじゃない?

    そもそもなんでタイトルが“ライスをねらえ”なんだ「おかえりおにぎり」が今回のすべてなのか!?
    いや十分承知して見てるけどね(笑)。

    余談
    考える事はいっしょ?
    ニノの名字に虹 虹、ゆめ、ゆい、七、春 としりとりの様に、それと朝昼晩トリオ。まあゆいの兄を間違えないようにしよう。

    返信削除
  4. 今回の話は6月から実装される2人でプレイするペアライブモード用の新曲とメイキングドラマのお披露目がノルマとしてあったのだと思います。翌週にはもう月が変わりますからね。にののデビュー回かと思わせておいて実は新モードの販促だったという…

    ラーメンを持ったおっとり女の子は現時点で公表されているアイドルタイムプリパラの3人目のメインキャラ、みちるですね。ゆい、にの、みちる。ご飯派、パン派、麺派(?)…とこういう設定も抜け目がないですね。この3人がどのようにしてデビューしていくのか楽しみです。

    返信削除
  5. ていおさん、なんか記事にラベルが付いていなかったのですが

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 7/16 池袋サンシャイン 芸能人はカードが命!13 申込完了 8/13 ビッグサイト 夏コミ3日目...