2017年6月28日水曜日

価値基準


毎週の投票フォームを見ていて、
自分の価値基準・作品の判断基準と皆さんの投票結果の間にはズレがあるなー

とは思っていましたが、今週のプリパラ感想を書いていて
その正体に確信が持てたのでここに書いておきます。





▲特にそれを感じたのが8話・キラパティオープン回。

私は11話と並んで感激したんですが、皆様の熱はそれほどでもなかったようで
「なんでや!!脚本演出ともにすげー巧かったのに!!」と思っておりました。

▲この進行のアイディア出した人は超頭良い!
と、私は思っております。

※  ※  ※

つまり私が満足する基準は
「巧い仕事が見られるかどうか」が大きなウェイトを占めていて、
それが必ずしも皆さんが感じられる満足度につながるわけではない。

ということなのでしょう。
(大体の場合イコールになるようですが、こういう例外も発生すると。)



だから仮に結果として番組内容が地味だったり、逆に可愛い絵やシチュエーションが
あったとしても、私にとってはそれはあまり重要な事には感じないのでしょう。

「プロのテクニックの本質は地味なところに見える」なんて言葉は
いろんな業界で聞きます。(※)

また、
どんな業界でも仕事への姿勢は結果に出ますし、
仕事の結果からは姿勢が見えるものです。


私は作品とともに、そういうところを見て楽しんでいるのだと思います。

スポーツで例えるなら
「試合に勝ったか負けたかではなく、良いプレーが見られたかどうかに興味がある」
みたいな。

※もちろんプロのテクニックにはド派手なものも多々ありますけども。

しかしこれもまた、「地味な事」が膨大に積み重なった結果なんだと
私は思っています。



※  ※  ※

いつの間にこうなってしまったのか分かりませんが、
こうなってしまった以上この性分は当分変わらないと思います。

また、いまさら言うことでもありませんが、
世間様と価値観にズレがある事は悪いことではありません。

違うからこそ面白いのですから。

そして、自分とは違う価値観の意見を楽しく受け入れられる心があるなら
大きく世間ズレすることもまた無いと思っています。


ということで、
ぜひ今後とも投票フォーム・コメント欄へのご参加・
ご協力いただけますと幸いです。

2 件のコメント:

  1. ていお様の言う「自分とは違う価値観の意見を楽しく受け入れられる心」私もとても大切だと思っています。私はプリパラシリーズが好きではありません。ですが、ていお様や他のプリパラシリーズが好きな人達を攻撃するつもりもありませんし、自分がプリパラシリーズを好きになろうともしません。それがていお様も言う「価値観の違いを楽しむ」ことだと思っています。

    私がていお様のブログを拝見するきっかけになったのは桜庭ローラの常識を購入したことです。それからアイカツスターズ!の感想を拝見してきましたが、私と違う意見もたくさんありました。それでもていお様は私の意見を「そう思う人もいるのだな」と好意的に受け止めてくれたことは感激しております。

    これからも他の誰でも無いていお様自身の感想を期待しております。

    返信削除
    返信
    1. 「自分の意見を人に聞いてほしいなら、少なくとも誰かの意見を否定はしてはいけない」
      ということを、このブログをやっていて学びました。

      「自分が理解できなかったとしても、自分には想像だに出来なかった考え方をする人が居る。
      その違いもまた面白い」と気づくのは更にそこから数年かかったものですが。

      また、その考え方が身につくと心に余裕も生まれますので
      心の健康にも良いものだと思っています。


      誰もが持てる考え方ではないので、ご理解いただけていることには大いに感謝しております。

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール

日時 場所 イベント名 配置番号 8/13 国際展示場 夏コミ3日目 日曜東ス 07 b 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サン...