2017年6月8日木曜日

アイカツスターズ! 2nd『星のツバサ編』 第60話「密着!エルザフォルテの世界」

脚本:成田良美
絵コンテ:こだま兼嗣
文字数1678【賛】
ふーむ(`・ω・´)
これはすごい!

大事なシーンが沢山あったのに、それらを上手く
絡めて一つにまとめたこの技術!!どうよ!!!


特にこの部分!

アリスという子の物語を通して
①「エルザがどんな子なのか」

②「厳しい世界に対するゆめの心のあり方」

(学園長にクビ宣告された話を引っ張ってくる機転も見事!)


③エルザにも計算できない、ゆめの不思議な魅力を語らせる。

エルザの紹介回なのに、ゆめの魅力も
引き立てちゃってます!

取材という体ながらも、主人公をただの傍観者にしない作り方。
とてもいいですよね!

残酷に切り捨てられて泣いてからの・・


ゆめの「心の救済」!

アリスというキャラが、エルザとゆめの魅力を
同時に引き立てる触媒になっているんですねぇ!


そして、本筋ではないのに(※)テキパキ物語を進めて、
20分内に起承転結見せてくれた技術!

※今回のお話のメインはエルザとゆめの演出ですが、これは「筋書き」。
「物語」はこのアリスパート。という意味です。



※  ※  ※

それだけでも結構なボリュームなんですが、
それに加えて

レイの過去、エルザに従う理由


▲エルザとはどんなアイドルか、を
側近にも語らせる。



小春ちゃんにも。


「他人は人を映す鏡。」


エルザを知るには周りを知ること。
と言うことなんでしょうね。

周りを知ることでエルザを知ることができる。
そしてそれが、メタ的には効率的かつ豊富なキャラ演出にもなる、と。


なるほどねぇ・・

今回に限らず「取材」ネタというのは
得てしてそう言うことなのかもしれませんね。
覚えておこう。



※  セリフ進行  ※

全編通してセリフで話が進む、いわば「アドベンチャーゲーム」のような
進行でしたが、
(RPGとは違いますね。今回は。)

それらパートの一つ一つで面白い絵、

それらに対するリアクションが
しっかり描かれていて退屈しなかったですね。


「メーッ!」は3度も・・・そんなにやらなくても・・・(´Д`* )

私は成田先生の表現をセリフに頼りすぎる癖やクライマックスを言葉でキメようとする作り方が
大嫌いなのですが(※)、
今回はそれよりも上記のキャラの扱いの上手さに唸りました。
(※成田良美という脚本家自体が嫌いという意味ではありません。)

演出家さんが面白いアイディアでセリフ進行の臭みを消してくれたお陰、
と言う部分もかなり大きいのですが。
その意識のない演出家さんが絵コンテを書いてたら多分、事故ってたと思います。


ここでアリスと言うキャラを用意したのは
豊富な経験値ゆえでしょうか。本当に見事ですよね・・



【画像でコメント】

うーん・・・すごいなぁ・・・このデザイン。
背景・小道具も含めて。

「エルザは一番星」

星がテーマの本作。


輝きを失ったはずの星にまた輝きが戻った。

今回アリスというキャラを用意したのには、前回ゆめが語っていた
「自分の輝きで、見ている人を元気にしたい」という
ゆめのイズムを絵解きする意図もあったのでしょうか。


エルザの凄みをたっぷり引き立たせながら、
エルザにこの言葉を言わせるというのがニクいですね!

ラスボスに一目おかれる主人公!

今後の2人の関係、イズムのぶつかり合いが楽しみになるじゃありませんか。

今回この2人はいいリアクション係になってましたね!

2人のアリス・エルザに対するリアクションが
あったから、

▲コレが引き立ったんです。




ちょっとかわいそうだったけど、エグくならない程度の
いい塩梅でしたね。

今回私が「成田脚本だ」と気づいたのはここ。

この番組においてこういうアソビをするのは大体成田先生ですわね。





【ローラ祭り、不発】

今週もローラ祭りが出来なかった・・・ううう・・

そろそろローラで絶叫したいお・・
一晩踊り明かしたいしたいお・・

最近ウィスキーの減りが少ないと思ったら
これのせいだお・・

贅沢言うな。真のロラリストなら
この1カットだけで一晩盛り上がって見せろ!

つぎはエルザたちがローラに取材してくれないかな・・・


「してくれないかなじゃねえよ」
「描けよ、お前そういう仕事してんだろ」

そーーーーーだったおーーーーー!

今日から「芸能人はカードが命」に向けて
2冊目描くんだお!!!


公式がやってくれない分たっぷりローラを描くお!!

6 件のコメント:

  1. 私も今週のお話は大好きでした。面白いじゃない!

    エルザ様がひどい!に対してゆめが自分の経験で反論したのはすごく良かった。ヴィーナスアークのやり方を否定しないスタンスが貫かれてて素晴らしい。エルザ様が慕われる理由も良くわかりました。

    ステーキを食べるエルザ様の前に野菜が出てきたときの表情、じいやさんの活躍、3つ子(笑)、セリフも絵も大絶賛です。アイカツスターズ!の全話通してもトップレベルに好きな話でした。

    返信削除
    返信
    1. >ヴィーナスアークのやり方を否定しないスタンス

      そうなんですよね。
      けっこうエグいんですが、しかし生き馬の目を抜く業界でそれはただの事実。
      目を背けてはいけないところでもありますから、

      否定してしまってはプロのアイドル失格ということにもなりかねません。


      そんな厳しい世界に、ゆめが経験を交えながら「辛さに苦しみながら向き合う」のではなく
      「正々堂々挑んでいく」姿を見せてくれたのは見事ですよね!!

      エルザと言うキャラクターが、ゆめたちの物語を一層刺激的かつ魅力的にしてくれています。

      削除
  2.  YES(やっぱり・エルザ様は・すごい)にあふれた回でした。
    私としては、こういう展開は食傷気味に感じてしまいました。
    過去にYHS(やっぱり・ひめ先輩は・すごい)やYMS(やっぱり・美月さんは・すごい)
    を見ているせいかな。

     これまでのアイドルで、ここまで厳しいキャラはいませんでしたね。
    他者への評価やアリスちゃんの件については、非常にリアルでした。
    わざわざゆめ達の前で退学にしたのは、「ありのまま」の自分を見てもらうためかな?

     エルザ様がすごいこと自体は大いに認めますけど、人生について語る場面は
    違和感を覚えてしまいました。これは自分がエルザ様より大幅に歳をとってしまったのと、
    エルザ様がここまで到達するまでの過程が描かれていないためだと思います。

     ゆめがアリスちゃんを籠絡・・・、じゃない、彼女の復活のきっかけになったことについては、
    できればもっと視覚的に「スゲェ!」って感じさせてくれるものにしてほしかった。
    でも、エルザ様とは好対照なアイドルであるということは、よく分かりました。
    アリスちゃんには再登場を期待したいです。


     他の感想としては、面白い絵ヅラが印象的でした。あの執事や船員は何者なんだ・・・。
    ローラと真昼でリアクションが違うのも、芸が細かい。

     また、エルザ様のパーフェクトじゃない一面を見れたのは、少しホッとしました。
    やはり多少は苦手なものがあった方が、親近感が湧きます。  

    返信削除
    返信
    1. >あの執事や船員は何者なんだ・・・

      ホウレンソウネタは笑いましたけど笑っていいのか戸惑いましたね・・

      だって子供に分かるわけがないネタですし・・
      いや、今に始まったことでもないんですが。
      なんでしょうね、このこだわりは・・・

      削除
  3. アイドルを輝かせるための『志』と『情熱』について

    憧れのVAに入学することで満足し、志と情熱を見失っていたアリス
    四つ星学園とVAで志と情熱を高め続け、強い輝きを放つゆめ
    志と情熱を持たない自分を見透かされ、気付かされた過去のレイ
    エルザの厳しさに怯む事無く志と情熱を高め続けている小春

    と、色々なキャラクターを用いて上手に描いたお話でした。

    説明セリフ多目のお話も取材形式の流れによって、それほど気になりませんでした。
    以前の時もそう感じたのですが、取材や収録といったお話と相性が良い感じです。

    ステーキ大好きエルザ様は、野菜は少々苦手なようですが
    それでも文句を言わずしっかり食べたとしたのは
    視聴者への配慮とエルザのキャラクターとしての魅力が強まるという
    一石二鳥の良いアイディアだったと思いました。

    惜しむらくは『アリスは何故輝きを失っていたか』が見えると
    アリスと他の輝けるアイドルとの対比が効いたかもしれないと思いました。

    また、めめたあ様も述べていますが、人生の先輩方を前に
    人生について御高説を述べているエルザには「なんだかなぁ」と(苦笑)


    ローラ「S4の番組でエルザさんを紹介するつもり!?常識ねーのかよー!」
    ローラ「夜明け前から取材って、チョット早過ぎない?常識ねーのかよー!」
    ローラ「朝からガッツリ・・・常識ねーのかよー!」
    ローラ「あんな冷たい人のために・・・どうして!?常識ねーのかよー!」

    あれ?おかしいな?言ってないハズのセリフまで聞こえる。

    返信削除
    返信
    1. >取材や収録といったお話と相性が良い感じです。

      そうなのかもしれませんね。

      ・・・他にも色々書こうとしましたが、どうも失礼な言葉が
      チラホラ出てしまうので控えておきます。


      >ローラ「朝からガッツリ・・・常識ねーのかよー!」

      やばい・・ローラの常識トークが書きたくてしょうがねえぜ・・
      (ネームはできました)

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除致します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 11/5 キラメッセ沼津 僕ラブサンシャインIN沼津3 申込完了 ○ 11/12 ...