2017年8月18日金曜日

アイカツスターズ! 2nd『星のツバサ編』 第69話「広げよう、アイカツの「WA」!」

おうおうおうおう
たのしそーなことやってんじゃねーか!(*゚ω゚*)

そうか、前作の筋書きは知らないけど今も現役という設定なのか。
おもしろいじゃない。
うーんしかし残念だ。
あかりちゃんたちを知らないとこれがどれほど喜ばしいことなのか良く分からない。

しかし「1話かぎりの特別な催し」の面白さ、期待される内容が綺麗に描かれていた
すばらしい内容でしたね。

出会いのサプライズから始まり、

・ひとつの筋書きに沿ってみんなそれぞれの個性・特徴を引き出し


・お互いに理解を深め合う

基礎に忠実、ゆえにとても見ごたえと楽しみの多い
脚本になってました。


出会ってすぐ仲良しになっていましたが
弘法大師も「共通する心があればお互いを理解しあうのに時間は必要ない」
と言うとおり、この6人に多くの時間は必要ないのでしょうね。



こんなアソビも入れつつ


あこ・小春ちゃんまでしっかり元気に活躍させる
様子には余裕を感じました。

ゆめがあかりから何かを見つける。という「物語」

いいですねぇ(*´ω`*)
ビューティフルな脚本設計ですねぇ

か・・かわいい・・

「昭和フレーズ言うチャンス」。逃しませんね。

それよりも「だぜ」口調にビビりましたが。

酢昆布から「おもしろいじゃない」まで。
1つのテーマに沿って
全員のキャラクターアピールを流れるように回収していく
アイディア力はうっとりするほど見事でした。


上手い噺家さんの三題話の話を聞いたかのよう。
技術的には同じ性質のものでしょうけども。

「いつか今度はステージで!」
というのは、劇場版につなげるつもりなのかな。

※  ※  ※

そんなことより「今年もやってきましたアイカツアイランド」

というのを聞くと、ここで1年前にゆめロラが夕焼けをバックに
大スクリーンで濃厚キッスをやらかした記憶が
フラッシュバックしてしまいますのう。

都合よく記憶書き換えてんじゃねえぞ




あと、ヒカルがこの企画で予算を使いすぎたというセリフが楽しみ引っかかりますね。

4 件のコメント:

  1. アイカツ!を放送初日から追っている私にとってはとても感慨深い話でした。2000文字を超えるくらい感想を書ける気分です。

    私個人としては、「スターズと無印は別次元」と考えて観てきていました。しかし、今回で「同一次元」という解釈のほうが濃くなってしまいました。同一次元、つまりアイカツ!からアイカツスターズ!は繋がっているもの、だとしたら不自然に思う所が多すぎるのです。

    コラボ回は本編中にやって欲しくは無かった。映画、OVA、TVスペシャル、漫画…「別次元のお祭り」なら大歓迎です。しかし本編中に登場してしまっては話は別です。本編中に登場してしまうとどうしても矛盾が目に付いてしまうのです。愚痴みたいなものですが…

    ①何であかりちゃん達は冬服?②アイカツシステムは電気で動いてたぞ?③スターライトを知らないのは何でや?④リリエンヌがブランドを入手する回に何故ドリームアカデミーのデザイナーコースの人が居ないのだ?⑤旧ブランドはどうなった?⑥エルザ様がスターライトに注目しない理由は?アイカツランキングトップのいちごがいるのに。⑦大スター宮いちご祭りで真のトップアイドルになったいちごと一緒のステージにいたあかりちゃんを知らないのはおかしく無いかな?関心なさすぎる。⑧年齢は?いつの話なんだ。

    まだまだ不満点はありますが…自分の中で「今週と来週は別次元なんだ」と思うことにしたら超良い話でした。泣きました。
    あかりちゃんの「お昼の星」「今はライバル」発言は旧アイカツ!のフアンからしたらもう穏やかじゃない!!!テンションMAXだぜ!スミレちゃんの「うん」ひなの「ですな〜」も聞けて熱い!…珠璃ちゃん他あかジェネのアイドル達が出なかったのは尺の都合上仕方ないですね。
    ステージは25代目S4の最強のライブでしたが、今週の話にとても合っていたと思います。おんなじ勇気を持ってる仲間がいる。あかりちゃん達もステージに立つのかと期待してましたが…。

    本編の間に入った別次元と考えたら今週はとても楽しめました。が、アイカツスターズ!本編として観るなら今週&来週の評価は全話中最下位です。別次元なんだ…別次元なんだ…

    返信削除
  2. やはり往年のファンから見てもエキシビションとしての楽しさ・期待されることをしっかり、
    たっぷり入れたお話だったわけですね。

    >別次元なんだ…別次元なんだ…

    それが正解だと思いますよ。
    5周年特別企画ということだそうですし。

    返信削除
  3. この手のお祭り回については、『何を一番大事にするか』が重要で、監督が

    「お祭り回です!まぁ…色々とムリはありますが(笑)
     そこは置いといて、頭ん中空っぽにして楽しんで頂けたら嬉しいです。」
    「本編とは少し切り離しているので心置きなく楽しんでいただけたら嬉しいです。」

    と、ツイートしているように
    今回は、新旧アイカツキャラが一緒にアイカツをする事を楽しんでもらう事が主眼で
    同一世界なのか?パラレルか?だとか、整合性だとかは抜きに
    そこも笑ってツッこんで楽しむのが風流ということで、私も風流に則って楽しみました。
    制作陣のネタ仕込みへの頑張りと、溢れんばかりの愛を満喫したお話だったと思います。

    旧カツを知らないお友達へのキャラクター紹介も含め
    限られた尺の中で、お話も演出もテンポよくまとめられて良かったですし
    四つ葉のクローバーにまつわる話で、四ツ葉シェフへの繋ぎからの
    同一声優さんが演じる諸星学園長とのコラボなんて
    コアなネタまで入れていて、思わずビール吹き出しそうになりました。

    欲を言えば、旧カツキャラのステージも見たかったなぁ。

    実はアプリゲーム「フォトカツ!」でもコラボイベントがありまして
    そこでは旧カツキャラが何故島に来たのかという
    (そう大した事ではありませんが)裏話も見られます。
    パズルっぽい運ゲーとは違って、フォトカツ!の方は結構頑張っています(苦笑)

    次回は前監督がコンテ演出で、更にネタ満載ということで
    今から「ワクワクが止まらないじゃない!」状態です。

    返信削除
    返信
    1. なるほど。やはりそういうことだったんですね。

      キャラ演出アイディアの多さから「気迫」「愛情」を感じましたが、
      その通りの作り方をしていたんですね。

      視聴中・視聴後の心地よさはそういうことだったのですねぇ・・・(´ω`*)

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。

ていお亭・イベント参加情報

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 9/23 国際展示場 僕らのラブライブ20 申込完了 〇 10/7 日本橋プラザマーム アクアマリンドリーム4 申込完了 copy 11/3 沼津プラザヴェルデ ...