2017年11月3日金曜日

たまには敢えて付き合いましょうか

映画一言コメントより。
▲金と時間の使い方間違ってんぞ君。



批判言う権利目当てに見に行ったのか。
自分の意思で金を捨てたくせに「返して」とは滑稽だな!

いや、金払ってまで筋を通そうとする姿勢は嫌いじゃないが。



でもやっぱりおかしいぞ。
そもそも、過去シリーズ含めてプリキュアが好きだからこそ
このシリーズを見ているだろうはずなのに、

どうしてそんなにも心がネガティブに染まっているんだ。


好きな作品から何を得たのだ。
前向きで明るい心の主人公に惹かれたはずの貴様が、なぜそんなに曇っているのだ。



ついでに言うなら、そこまで感情に飲まれた貴様が
理性と理屈主義のていおブログに何読みに来てんだって話だな。

ウチとしてはもちろん、異なる考え方を持つ人の書き込みは大歓迎だ。

だが貴様には感情的なレビューサイトのほうが
居心地がいいんじゃないか?あるのかどうか知らないけど。

「お前人のこと言えんの?」
「ブルーとか主人公置き去りで物語進める謎の設計思想とか」

ダーー!!
うるさいうるさい!!

プリキュアにだってピンチはあっただろ!!
ワシかて耐える時期くらいあるわい!

それでも最後はポジティブに戻るんだよ!!!

いつまでも曇ったままではいないのだ!

感情が常に下振れしたままなんておかしいじゃないか!


それに、ワシはどれだけ弱っていても良かった回はもろ手を挙げて喜んでいた。
ネガティブな先入観がレビューに影響することは(たぶん、あまり)無かったはずだ!



確かにワシも今回の映画の村山脚本とても誉められない!
だが同時に監督の情熱と発想力も目にしたはずだ。

劇場内に居たはずの子供たちの笑い声が聞こえなかったか。


それでもネガティブな印象しか残らなかったなら、
自身の心の曇り具合を一度疑ったほうがいい。


さもなければこの先の貴様の人生自体が詰まらない物になってしまうだろう。


そして、本当に「それでもいい」と思うほどに心が腐れた人間は
プリキュアなんて作品は見もしないはずなのだ。

※  ※  ※

1800円といえばバイト2時間分だ。
自分の時間という貴重な対価を払っておきながら、
貴様は映画の70分間、強制されたわけでもない作品を
ずっと仏頂面で眺めていたのか。

だとしたら、そんな自分の行いに疑問を感じなかったのか。

恨みも無いはずの作品を否定するためだけに、
そんなにも貴重な時間を使ってしまったのか。

せめてそのお金と時間で好きなゲームをやるとか、
おいしいものを食べるとかしたらよかったじゃないか。

貴様が親から小遣いもらってる子供で無いなら
1800円の重みがどれほどのものか知ってるはずだ。

楽しいことに使えるはずの手段をどうしてわざわざ
「不愉快になると予想した」事に使ったんだ。


もちろん、貴様の生き様は貴様が決定するものであり、
それは誰も邪魔しない。

だが、自ら進んで、貴重な対価を支払ってまでネガティブな感情を
求めるなんて行動原理はワシには理解できないね。

3 件のコメント:

  1. ほんっっっっとにどうでもいいことなんでしょうけど

    ところでサンマってどういうことなんでしょう?
    焦げたケーキは、なんかニュアンスで失敗とかそういうことなのかなー?って思ったんですけども。

    なんかの言い回し?スラング?無知故に解りません。
    どなたか解る方教えて下さいm(__)m

    返信削除
    返信
    1. http://teioblog.blogspot.jp/2017/10/blog-post_16.html
      これですね。

      削除
  2. わ!ていおさん直々に来られるとは思ってなかったw

    あー、この時の話をされてたんですね。
    書き込んだ方、メッチャ読んでるやん!
    メッチャ覚えて(根にもって?)るんでしょうかね?

    記事にもある通りですが、暗黒面に囚われてるんでしょうかねぇ…

    おかねかえしては暴論でしょうが、また熱中できる作品と出会えたらいいですね。

    返信削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。