2017年11月30日木曜日

アイドルマスターシンデレラガールズ第2話感想

14人・・・もいるのか・・

パッと見で個性の強い子もいるけど、
ワンカットではどうにも掴めない子も多いですね。

更にほかにもキャラクターが居るようですし?

これからこの子たちの魅力をどのように引き出していくのか。
非常に興味がわいてきましたぞ。

ラブライブの9人でも十分すごいと思ってたのになぁ・・
キャラ演出に偏りが出たりしないのかな?

まずはどんな方針を立てているのか。
今はそこが一番の関心事です。

・・・・・・・・・・・

ええ。ああ。
ええと。なんですかね。

▲「コレ」枠っつうか。


アイドルゲーム・アニメの定番なんですね。

作者によって趣向が違うのが寧ろ楽しいですが。


おっ。

なんだ、アイドルはみんなできるんじゃーん(´ω`*)
アイドルたるものスカートくらい操れなくちゃね。


「探検」と称して舞台説明、
宣材写真撮影と称してキャラの顔見せ

ってワケですね。
それぞれ宣材がゲームで登場するノーマルカードのカットに
なってるあたりは面白い。
(ゲームはすぐやめちゃったので詳しいことはなんも知りません。)




・・・短いですね・・・
今回は舞台説明ですからこんなものでしょう。

今後はまとめて語るかもしれません。

思ったより気楽に見られそうなので消化ペースは速いかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。