2018年6月2日土曜日

沼津自転車旅の写真

沼津を自転車旅してきました。


美味しいものいっぱい、綺麗な景色、楽しい出来事。
写真中心にお送りします。



起点は沼津駅。5度目の訪問ですが、こんなに空いている駅前は初めて見ました。
(金曜日・朝9時半)

会津若松のお城の前の通りを思い出すなぁ…
と漠然と思ってましたが、そうだ。電柱が無いんだ。

電柱が無いっていいね。ずいぶん雰囲気が変わるもんだ。

まずは漁港へ。twitterで「沼津行ったら朝食は丸勘一択」と
教えてもらったので、とりあえず行ってみよう。

土地勘を付けたくて、わざと知らない道を使って漁港を目指す。


案の定迷子。

千本松原というところに行きつく。

しかし綺麗で見事な松原。

お腹空いたけど寄り道していこう。


こんな立札があちこちに。

そして、実際に本当に探してみてもゴミ一つ見つからない。
土地の方がこの松原をいかに大事にしているかが見て取れました。

その後300mほど歩き、残念ながらいくつか見つけてしまったので
私が拾っときました。
(誰にも見られてなかったのでここであざとく報告する)

コンビニ袋を自転車バッグに入れとくとこういう時に便利。

松原を抜けると見事な青空

ああ・・これはいい。この堤防を走れたらさぞ気持ちいいだろうな・・

などと考えて突っ立っていたら声をかけられた。

しゃがんだら寄ってきた

背後からもう一匹。しまった、はさみうちだ!
待ち伏せしてたのか‥

ああーやめろー動けなくなるじゃないか

くっ!私は忙しいんだ。
こんなところで立ち止まってる場合じゃないんだ。

くつろぎだした。(´Д`;)
・・あ、首輪してる。飼い猫か。

「いい自転車乗ってんじゃん」ですか。
ありがとうございます。

ああ、レースクイーンみたいなことですかね。

すみません、名残惜しいですがそろそろ行きますね。


で、・・・ここか・・・・

沼津みなと新鮮館は何度か来てますが、いずれも
閉店後だったので‥営業中に来たのは初めてでした。




「花丸ちゃんにイカれてしまったお店」という噂。
・・でしたが、想像を超えていました。

※店員の美人のお姉さんに許可を頂いて、撮影させてもらいました。
ええと・・何頼もうかな…


・・・気が散るなあ。(´Д`* )

こういうネタがあちこち散らばってんだもの。

なんですか深海えび(動詞)って。


誘う前にやり方教えてくださいよ。

とりあえずあじ干物定食を注文。


・・・スーパーで買ってくる鯵とは違う。

いや、スーパーで買う鯵も美味しいけど
これはもっとおいしい。


わきで常連さんが店員さんと「今はシマアジだよねー」と話していて
「しまった、そうだったのか!」と思いましたけども。



・・また行かなきゃ。


まーしかし本当に‥

圧倒されます。
遠くから見ても圧巻ですが、

細かく観察しても面白い。

え、とり丼あるの!?

ああ~イイっすねぇ~

あ、またあったよ・・テーブルの向かいに。

わかったよ、俺、深海エビする。


μ'sもちらほら。

あ、写真トリミングしてて気づいた。

有名タレントのサインがまるで目立ってないわ
曜ちゃん貼られてるわ。

・・すげえ・・・強ぇ・・・

ヒキの写真。
オードリーのサインはどーこだ?

あ、同じこと考えてる人が居た。


やっぱ果南ちゃんにはビール(ノンアル)が似合うよね。


右下のダイヤちゃんに和む|c||´.◡`||

ああ・・このロゴ見たことあるけど
自分発信だったんだ・・

キャラクターのスタンドもみかん箱。
芸が細かいなぁ

さて、この景色を見て脚がうずかないわけがありません。

当初の予定を変更して私は走り出しました。


ああ~~障害物も無くどこまでも続く道。
いい天気。これはいいなぁ・・






<15分後>




・・・・ほんっと、なんもかわんないな・・・


そりゃそうだ、景色にムラがあったら堤防にならないじゃないか。



向かい風だし、ちょっと飽きちゃったなぁ‥




あっ・・・・


そうだ、これはもう沼津旅行じゃないぞ!戻ろう!



サスナカさんは以前からフォローしてくださっていたので
行こうと思ってたところでした。

声をかけてくださったのなら渡りに船!


早速向かおうじゃありませんか。
(ダイソーで保冷バッグを買ってから)


414号線の途中に見事なタチアオイ畑を発見


これはきれいだ・・

5分ほど鑑賞。


到着。

・・加工業者さんであり、販売店ではありませんから・・

これは、売ってくれると知っていなければまず立ち寄らない。
というか、以前気づかず素通りした事があります。

倉庫へ案内していただき、業務用冷凍庫から
オススメを出していただきました

※許可を頂いてから撮影しています

一番人気というサバ。カチコチに固まっていて木の板のようです。
サスナカさんの干物は脂ののったところを使い、
しょっぱさ控えめにして魚の味が分かるようにしている。
とのこと。

オススメという鯵も購入。

地元の干物加工業者さんから説明を聞きつつ直接干物を買う。

そうそう、私はベタな観光地巡りよりも
こういうディープな旅がしたかったんだ。


嬉しくてニヤニヤしながら市街地へ帰りました。

次の目的地。

ここの従業員さんが掛け持ちしている居酒屋で
果南ちゃんのイラストを使いたいと
言ってくださったので、じゃあ現物をお持ちしましょう。
と話をしていたのです。

▲右の。

ポスターは「串特急沼津駅南口店」に貼ってくれたそうです。

折角なので深海魚バーガーとイカタコナゲットを注文。


イロモノだろうと思ってましたが…

食べてびっくり。牛肉よりうまい。


鞠莉推しのお店、という事だそうですが

キャラクター頼みでもない。地力だけで十二分に客を呼べる店だと思いました。

4時というハンパな時間に伺ったのに、
7割の席が埋まってた理由がよくわかりました。

バッヂ置いてもらいました。


補給で立ち寄ったコンビニで面白いものを見つけました。


適当に開いたら・・・はい!
オイシイのいただきました。(´Д`* )

ああ・・これは・・アレだ。
平和な時代の、合法的な便所のラクガキだ。

いいぞー!何事も世界一なのは良い事だ!
誇れ!!


おっさんになると、もうこういうピュアなクソガキが
可愛くてしょうがないですね。

あらかわいい。(´∀`*)

右上には店員さんの親切さに感謝を述べる言葉が。
ふつうのコンビニ、なんですけどね。


マニュアル化されてもやはり人は人。
いいもの見せてもらいました。

え、大丈夫かお前!!


カッコイイ語り口調の書き出しからの
唐突な体験告白。


大人になっちゃったらもうこんなキレのある文章は書けない。
だからこそ私はこのノートへのトキメキがとまらない。

名前はよめないから隠さないぞ。


ああ~



究極にあたまわるい5文字だなぁ・・・(´∀`*)

この発想、忘れてるなぁ・・私は。




上ではゼウス様が釣りができないとお嘆き。
本当に悲しそうな文字。おいたわしや。

コンビニスイーツでも食って癒されろ。

小学生のころこんなの書いたなぁ…キュンとするなぁ。

時代は変われど少年はいつもこうなんだなぁ。

なんと、一コマで起承転結が!

止められなかったのか。だめだなぁ。

同郷の仲間が!

嬉しくて私も一筆。


おおよそ漫画家とは思えない文字と絵を残してきてしまいました。
早く新しいノートに交換してほしい。けど、もう一度見たい気もするなぁ


続いて松浦酒店。
一番重くなる買い物は最後に。ということで。


ここもすごい・・・

「松浦」ということで、こちらにもポスターを用意していましたが、
快く受け取って頂けました。






干物とお酒2本で結構な重さに。
しかしそれもまた嬉しい。


買ったお酒はふたつ。
ヨー子はヨーグルトと日本酒のカクテル、のようですね。

まとめ。

帰宅後、まだ体力が残っていたので晩御飯。
お米は会津産コシヒカリの発芽玄米

ああ~
良い感じに焼けました。

写真技術が及ばなくて申し訳ありませんが、

こんなに旨い塩サバ食った事ない!

と思うほどに、それはそれはべらぼうに美味しいサバでした。


そしてまたお酒とも合う・・・!


メシと魚と酒。
シンプルな夕飯でしたが、


ファミレスの1500円のステーキセットよりも
よほど美味しくてぜいたくな気分になりました。


次の沼津旅はまた2か月後くらいに・・と思ってたんですが、
このサバ食べて気が変わりました。


たぶん、冷凍庫の買い置きが無くなったら禁断症状が出ると思います。

※  ※  ※

5度目でしたが、飽きるどころか今回の旅が一番楽しかったです!

今回は聖地巡礼を口実にした、ふつうの沼津観光でした。

沼津が「聖地」として成功しているのはプロモーションが上手いだけじゃない。
その土地の文化と人自体に魅力があるからなのだと実感しました。


前回の沼津旅レポートはこちら
http://teioblog.blogspot.com/2017/10/blog-post_7.html

4 件のコメント:

  1. 折り畳み良い自転車買いましたね
    美味しい物、良い天気、可愛い猫、聖地巡礼
    良い旅で良かったですねぇ

    話変わって、自転車漫画・・かわうその自転車屋さん意外とツボにはまってます
    読んで無かったら一度見るだけでも<漫画家に漫画進めてどうすんじゃい

    更に変わって東映アニメーションHPキャラクター紹介でキャアマシェリ、キュアアムールって・・
    本家にばらされると・・誰が成るか楽しみが無くなりますよねぇ今年は5人体制か・・

    返信削除
    返信
    1. たたんだ状態で転がせる・自立する。その上そこそこ速い(ロードには遠く及ばないけど)
      輪行旅が非常に快適なバイクです。(´∀`*)

      削除
  2. いやぁ…お店のインパクトがすっごいですねw

    どんな料理があるのか、お店の壁を見てもパッと見全然わからないし、
    そして有名人のサインにも平然と入り込んでくる曜ちゃんwすごいww
    お店の人たちの「自由に楽しんでる感」が伝わってきていいですね。

    さらには
    世界一の○帝と小学生の書き込みが混在するノート…
    このカオスさがたまらなく好きですw

    あと、「深海えび(動詞)」なんて言葉、そこ以外のどこで使うんだww
    すごく気になる。どういう時に使うんだ「深海えびする」なんてw
    普通に深海えびを食べることなのか、それともザリガニショコラみたいに深海えびになるんでしょうか…
    深海えびするAqours……ちょっと見て見たい気もします。


    熱中さん >本家にばらされると・・誰が成るか楽しみが無くなりますよねぇ

    すっごく分かりますその気持ち。キュアフェリーチェの時もそうでしたが、
    内藤圭祐プロデューサーのプリキュアは追加プリキュアの情報が早すぎですよね。

    例えるなら、『スイート』の本編で「キュアミューズの仮面の下は一体誰?」なんて言ってる頃に、
    もう黄色い方のキュアミューズが公式HPで紹介されていたら、ワクワク感も何もないじゃないですか。
    HPに載せるなら、せめてシルエットだけにしてほしかったですよね。

    返信削除
    返信
    1. 世界一なら童貞くらい漢字で書けっつう話ですけどね(゚ω゚)
      いや、その頭の悪さこそ世界一のゆえんなのかも・・

      深海エビするには、丸勘に通って啓蒙を高め続けるしかないのかもしれません。

      そして思索に明け暮れるのです!
      深海の神秘は大宇宙に繋がる超次元へのしるべ!ヒトが上位者へ至る唯一の道なのですから!

      削除

※意見交換の際にややこしくなるので、匿名での投稿はご遠慮ください。
なんでもいいからHNを名乗って頂けます様お願いします。

匿名でのコメントは削除します。

※投稿が反映されるまでには時間がかかることがあります。